2011年05月31日

ふるさとへの思いを大事に!住む場所を安易に移転するのはダメでしょ

Yahoo:「高台移転に住民思い二分、岩手・宮古市田老地区

>東日本大震災の津波で被害を受けた岩手県宮古市田老(たろう)地区が、高台への住宅移転を巡り揺れている。県は30日、高台移転を盛り込んだ復興ビジョン案を沿岸市町村に示したが、被災の程度や家族構成など、住民の置かれた環境により思いはさまざま。意見集約の難しさが予想される。

 明治三陸地震(1896年)で1859人、昭和三陸地震(1933年)でも911人の犠牲者を出し、「津波太郎」の異名を持つ田老地区は今回の震災で、130人が死亡、58人が行方不明となった。明治、昭和の大津波を教訓に築かれた高さ10メートルの防潮堤も壊され、「同じ悲劇は繰り返したくない」と県は高台移転を促す方針だ。

 しかし、住民の思いはほぼ二分している。荒谷アイさん(89)は11歳の時、昭和大津波で家族7人全員を失った。遺体が並ぶ海岸で家族を捜し歩いた体験を「私は、ほんとに独りぼっちの児になったのです」とつづった作文はその後、吉村昭の著書「三陸海岸大津波」で紹介された。北海道根室市の叔父に引き取られたが、18歳で帰郷、地元男性と結婚し2男4女、孫5人に恵まれた。

 東日本大震災の津波は、デイサービスで外出していて難を逃れた。翌日、四女の栄子さん(58)から津波襲来を初めて知らされた。昭和大津波で受けた心の傷は今も残る。それでも、「みんなのお墓もある。また津波が来たら山さ逃げればいい」と住み慣れた土地にこだわる。


震災直後に、大津波の被害を受けた先人が建てたこれより下に住んではいけないとかいう石碑が紹介されてました

海と関わって生きている人たちは、それでもずーーーーーっと海岸の近くにに住んでたわけですし、その土地への愛着も、危険性の高さ以上に、深いものがあると思います


危険だからと高台へ移るべきというのも一つの解決方法ですが、記事にあるとおりまた逃げればいいという考えもあり得るでしょう

地震予知の技術を持つ日本ですから、津波警報などの制度を高めるようにさらに研究を進めたり、高齢者の方々が何とか逃げられるような避難システムを考えるとかして、移転しなくてすむ方法を考えて欲しいなと思ったりします

いくら危険だとはいえ故郷を離れろとは簡単には言えないでしょ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000109-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:震災 移転
posted by ! at 19:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
屋根の上にへばりついたまま、流されたが、一命はとりとめた。もしまた津波が襲来したとして、真夜中では、避難が困難であり、真冬ではさらに悪条件だ。今は家も仕事もなく、希望などない。逃げればよい…現実はそんな甘いことではありません。
Posted by 山田町きんちゃん at 2013年02月02日 09:56
こればっかりは実感できませんので、これ以上は何とも言えません。
Posted by !@管理人 at 2013年02月02日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック