2011年05月27日

ごく普遍的な常識を言うと基地外じみた批判を受ける件>国旗国歌に敬意を持つことのどこがおかしいのか?

支那の(信濃)毎日新聞:「君が代条例案 自治の土台が揺らぐ

>行き過ぎた対応としか思えない。

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める「大阪維新の会」の府議団が、君が代の斉唱時に教員に起立、斉唱を義務付ける条例案を提出した。大阪府は今後、違反した教員の処分基準を定める方針も示している。

 知事は「国旗国歌を否定するなら、公務員を辞めればいい」「職務命令に関しての思想信条の自由は認められない」と繰り返し主張している。何が目的なのか、これでは説明が足りない。

 憲法は思想良心の自由を保障し、教育基本法は教育への不当な支配を禁じている。国旗国歌法が成立したのは1999年。当時の政府が「内心に立ち入ってまで強制するという趣旨ではない」と明言したことを踏まえれば、条例化は適当とは言えない。知事と府議団に再検討を求める。

 国旗国歌法の制定後、文部科学省と各地の教育委員会は事実上、教員に起立・斉唱を強制してきた。東京都など各地の教員が懲戒処分を受け、訴訟も相次いでいる。

 教員側の敗訴が目立つとはいえ、憲法違反かどうかの司法判断は分かれている。大阪府が無理に条例化すれば、教員側との衝突の激化は避けられないだろう。

 大阪府教育委員会は、条例の代案として、全教員に起立の職務命令を出す考えを知事に示していた。本来の役割は、教育現場の自由な気風を守るため、知事をいさめることではないのか。

 知事が教育委員の人事権を握っていることで独立性が保てないのなら、公選制の復活も検討するべきである。

 大阪維新の会は、統一地方選で府議会の過半数を占めるなど躍進した。知事と政策を同じくする議員が増えることには、議会の形骸化を招くとの批判も強い。

 そこにきて、今回の条例案である。過半数を盾に十分な説明と議論がないまま押し通すのでは、自治の土台が揺らいでしまう。

 大阪府内には、在日韓国・朝鮮人も多い。君が代をめぐる歴史的経緯を踏まえ、そうした人たちの思いに配慮することも首長の責務であるはずだ。

 大阪府だけの問題ではない。政府がようやく地方分権を前進させようとしている。自治体に民主的な政治ができるかどうかが、実現の前提になる。

 条例案は維新の会の公約になかった。唐突な動きを他県の首長も批判している。橋下知事には、大きな自治体の長として信頼を置ける言動を心がけてほしい。


基本橋下府知事には納得いかない点が多く支持する気など毛頭ありませんが、今回の条例案については賛意を送りたいと思います

日本国民である限り、国の象徴である国旗国歌に敬意を持つことは当然であるからです
持てないのなら国民にあらず、そのくらいのことは言っても良いと思うんですよね。今までの教育がおかしかっただけに過ぎず、それが国旗国歌法の制定で幾分ましな状態になったに過ぎません

悪い評価をされることが多い安部元総理ですが、そういう戦後のおかしな慣習を改めようとしたら、戦後その手利権をむさぼってきた連中に徹底的に攻撃されやめざるを得ないところまで追い詰められたからであると認識しております。もし続けることができていたら日本はかなり良くなっていたことでしょう。もし体調を崩されなくても、当時の野党が徹底的に国会での質疑に応じないなどして国会の正常な運営はできなかったでしょうから、どちらにしても無理だったかもです。今の与党民主党に見せてやりたいくらいひどい当時野党の民主党の行動でしたよ

それでも教育基本法を変えたり(だめな教員をやめさせられる更新制導入とか)、憲法を変える手順を整えるなど業績は生きていますね


さておき、
公僕という立場であるなら、主義主張を職場で訴えるなどとんでもないこと。国の定めたとおりに行動することが当たり前。それに従えないなら職場を去るのが当然でしょう
私生活においては認められるでしょうけど、職場で自由はないのが当然です。国の金で食っているのですから。国に従えないなら、国から給料をもらわない、どこも変じゃないです

田母神氏を首にした麻生元首相を非難される方がいますけど、
このダメ教員の事例と同じだと自分は見なしてます。国の指示通りに動けないなら免職されるのは仕方がないことだと思います。ただ結果オーライだったから良かったとは思いますよ。田母神氏が自由にものをいえるようになったことで、自衛隊に対する認識はかなり変わり、世論は自衛隊に好意的になっていったように思います

教員は、将来を担う子供たちを育てるのが仕事。国の中で生きるということを考えれば国旗国歌に敬意を示すということを教えるのは当然。公然と国に逆らう姿を子供に見せることは、社会のルールを守らないことを当然であると教えているようなもの。絶対あってはならないことではないでしょうか?

いやなら国旗国歌に敬意を示さなくても怒られない国へ行って働けばいいと思います。彼らの好きな支那や北朝鮮などではむしろ国への忠誠をよっぽど求められるんですけどねぇ(笑)

それほど極端じゃなくても世界各国自国の国旗国歌に敬意を示さなくてもいい国なんて今のところ聞いたことはないです。それが論議になる日本が珍しいように自分は思いますね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック