2011年05月26日

やらなければいけないから当然という声もありそうだけど

Yahoo:「<菅首相>自然エネルギー20年代に20%…OECD演説

>菅直人首相は25日夕(日本時間26日未明)、パリで開かれた経済協力開発機構(OECD)設立50周年式典で演説した。日本の電力全体に占める自然エネルギーの発電比率(現在約9%)について「2020年代のできるだけ早い時期に20%とするよう大胆な技術革新に取り組む」と表明。東京電力福島第1原発事故を受け、原発への依存度を高めてきた日本のエネルギー政策を再生可能な自然エネルギー重視へ転換する姿勢をアピールした。

【自然エネルギー 孫正義氏も】埼玉などと連携、全国10カ所に太陽光発電所計画

 演説に先立ち、菅首相はサルコジ仏大統領と会談した。

 日本政府が10年6月に閣議決定したエネルギー基本計画は、2030年までに原発を14基以上増設して原子力の発電比率を現在の約30%から50%に引き上げる内容になっている。しかし、今回の事故で原発への不安が広がっており、首相は演説で「基本計画を白紙から見直し、新たな挑戦を開始する」と宣言した。

 首相は基幹エネルギーである「原子力」「化石燃料」に、「自然」「省エネ」を加え、エネルギー政策の4本柱と位置づけ。原発については「事故を教訓に『最高度の原子力安全』を実現していく」とする一方、原子力の発電比率をどうするかへの言及は避け、26日開幕の主要8カ国(G8)議長国で原発推進派のフランスや国内の推進派への配慮も示した。

 現行の基本計画は、太陽光や風力などに水力を含む自然エネルギーの比率を30年までに20%に引き上げる想定だが、首相はこれを最大10年前倒ししたい考えだ。特に太陽光について、発電コストを20年までに現在の3分の1、30年までに6分の1に引き下げる目標も表明。経済産業省によると、現在の太陽光発電のコストは1キロワット時当たり43〜49円で、火力発電(液化天然ガス)の5〜8円、原子力発電の5〜6円を大きく上回っている。20年かけて火力発電並みに引き下げることにより普及拡大を目指す。


そもそも実現が可能なのか?ということを検証した上で国際舞台において発言しているのか?という点についてはどうなのでしょうか?

良い一例が、
鳩山イニシアティブで、日本の温室効果ガスを25%削減するということを、国際公約として言ってしまったわけです。このために民主党は停止予定であった福島の原発の使用期限を延長し、しかも保険切れというきわめて危険な状態で、二ヶ月前の3月11日まで使ってきたわけですね。ところが今回の震災で原発を止めろという声が大きくなってしまい、火力発電所をフル稼働しなければなりません(しかも定期メンテナンスを無視して稼働しないと足りないわけです(笑))。となると温室効果ガスの削減どころか増加してしまうことになり、国際公約を破らざるを得ない状況になります。さて、国際間の約束を反故にした場合どのようなペナルティが科せられるの想像しただけでも怖くてなりませんよ

また、もし律儀に25%減を守ることになれば、間違いなく多くの発電所を動かすことはできなくなり、普通の停電どころの騒ぎではありませんでしょう

フル稼働の状態が維持できたとしても産業の維持が危ぶまれると考えるのですが、25%減を守ることになれば産業が日本に残これるかどうかも不安になってきてしまいますよ
そんな状態で代替エネルギーの開発なんてできないんじゃないですか?

菅はそういったことまでを踏まえて発言しているのでしょうか?
後になってできなかったでは済まされませんよ・・・

あと、孫正義をやたら持ち上げてますけど、自社の携帯の通話能力がたいしたことないのに、基幹産業である電力をきちんと維持できると思っているんでしょうか?先日100億の寄付という話もあったけど、それだって満足にできていないぞって指摘する人がいます。単に自社の株価対策のために過ぎないでっち上げと酷評もあります。そんなぶち上げるだけの人物の言葉が信じるに足りるかどうかと言えば信用しがたい、というか詐欺師にしか見えないんですよね
今後の言動を厳しく検証しなければだめでしょうね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110526-00000007-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック