2011年05月19日

ヘタレなのは日本ばかりということかな?

サーチナ:「南シナ海問題でASEAN、議長声明から中国配慮の表現削除

>ジャカルタで7〜8日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で採択された議長声明のうち、南シナ海問題について中国に配慮していたくだりが、ベトナムなど一部加盟国の反発を受け後日削除されたことが18日分かった。南シナ海では、中国とベトナムなどが南沙諸島などの領有権を争っている。中国寄りの表現が覆されたことで、中国の反発は必至とみられる。

スプラトリー諸島(南沙諸島)は尖閣諸島同様に、支那がその海域に眠る資源を狙っての支那による蛮行が行われている場所

フィリピンが米軍を追い出さなければ、支那が入り込む余地は無かったともいわれてますね。だからこそ、日本も米軍を沖縄から出すわけには行かないのです。日本が独力で支那を追い払う力ない以上しょうがないです


さて、ベトナムもすごい国です。そういう支那の蛮行を目の当たりにしても、支那に屈しないようにする姿勢は日本見習うべきでしょう

とはいえ、外務省内のチャイナスクールとかその筋の力強いので、そうもいかないようですね。でも、支那がまともな国ではないと知っている者たちがいる限り、日本も負けないと信じたいですね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック