2011年05月19日

また民主党関係者が考え無しでしゃべって、発言取り消し

Yahoo:「福島第1原発 「米要請で汚染水」平田参与が発言撤回

>平田オリザ内閣官房参与は17日、ソウル市での講演で、東京電力福島第1原発の事故で汚染水を海に放出したことについて「米国からの強い要請があった」と発言した。平田氏は18日、ソウルで毎日新聞の取材に応じ「不用意な発言で、大変申し訳なく思っている」と述べ、発言を撤回して陳謝した。

 劇作家でもある平田氏は17日、ソウル市内で韓国の日韓問題専門家らを前に「震災と日本再生」について講演。質疑応答の中で「汚染水の処理問題では韓国の方々にも大変な迷惑をかけた。流された水は非常に低濃度で、量も少ない。米国政府からの強い要請で(海に)流れた」と述べた。

 発言について平田氏は「内閣官房参与であるが、この問題には全くかかわっておらず、事実関係を確認できる立場でもない」と語り、事実誤認であることを強調した。18日朝、東京からの電子メールで報道を知り、仙谷由人官房副長官に電話で「申し訳なかった」と謝罪したという。

 平田氏は内閣官房参与として日本政府の対外広報などを担当。今回の講演も、風評被害防止や復興に向けた政府の取り組みを知ってもらう狙いだった。平田氏は「起きてしまったことは戻せない。地道に説明していくしかない」と語った。

 この問題について、枝野幸男官房長官は18日の記者会見で「(内容を)承知していないし、放出前に米国に通告したことも聞いていない」と述べた。

 ◇相次ぐ参与・顧問の問題発言

 菅政権では平田氏のほかにも、民間から官邸に登用された参与や顧問が、福島第1原発事故を巡って問題発言を繰り返している。

 3月16日には元連合会長の笹森清内閣特別顧問が菅直人首相との会談後、首相が「最悪の事態になった時には東日本がつぶれることも想定しなければならない」と語った、と記者団に紹介した。4月13日には評論家の松本健一内閣官房参与が「原発周辺は20〜30年住めない」と首相が発言したように説明。すぐに訂正したが、厳しい批判を浴びた。

 また、震災直後に内閣官房参与に任命された小佐古敏荘・東大大学院教授(放射線安全学)は4月29日、政府の原発事故対応を「場当たり的」と批判。参与の辞表を提出した。


こういう言い方は問題あるかなと思いつつも
やはり劇作家が政治の世界に入ってきて、簡単に口を出すのはよろしくないのではないかと思いますよ。政府関係者となっての、その一言の重要性を認識できていないのであれば存在してもらっては困ります
国内で極限られた場所での発言ならまだしも、外国へ行っての公の場所で適当なことをしゃべってもらっては困ります。それは国を代表しての発言になるわけで、日本にも今回の場合はアメリカにも多大な迷惑をかけるわけです

それだけに日本への信頼性の低下は否めません。撤回して謝罪したところであまり意味はないと思うんです

国会に出て、その真意について釈明するなどした上で、辞職すべきでしょう



しかし、民主党関係者って自民党で発生した失言なんて目じゃないですね。国益を損なうことばかりしてくれます


それから、枝野君が平田オリザ君には守秘義務がないという弁解をしたらしいですが、政府の人間でありながら何も知らないままに、外部でぺらぺら適当にしゃべることは問題にはならないんでしょうか?

適当なことばかりやってます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000048-maip-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック