2011年05月18日

武道を教えることは良いのですが、道を外れた指導者が本当に多いですね

Yahoo:「足払い繰り返し小1男児死亡 柔道指導者を略式起訴

>大阪市此花区の整骨院で昨年11月、柔道の練習中に小学1年の男児=当時(6)=が死亡した事故で、大阪区検は17日、業務上過失致死罪で、同院の柔道教室の男性指導者(36)を略式起訴。大阪簡裁は同日、指導者に罰金100万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、指導者は、男児が受け身を十分に習得しておらず、立ち技の稽古をすれば頭が揺さぶられ、けがをする危険があったにも関わらず、昨年11月10日、整骨院1階の柔道場で、繰り返し足払いなどの立ち技をかけ、同17日に左急性硬膜下血腫による脳腫脹(しゅちょう)で死亡させたとしている。

 指導者とともに、業務上過失致死容疑で書類送検された整骨院の男性経営者(37)について、区検は同日付で起訴猶予とした。


どう考えても殺人行為だと思うんですけどね
過失致死という扱いでは亡くなった男の子があまりに惨めというものです

柔道とか剣道を教えるようになってきているのは悪くはないですが、日本の武の心を指導するのは良いのですが、指導者がそういう心を備えていないことが一番の問題ですね

学校などでのこのような殺人行為がなかなか減らないことはあまりにまずいです
柔道関係者はどのような指導者への教育をしているんでしょうか?

この手の事故が何度も起きているのに、何かしているんでしょうか?
柔道連盟での懸命な処置を望みます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000644-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:柔道 学校教育
posted by ! at 19:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 須賀川中事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック