2011年05月12日

さて、民主党が売国政策を出してきますよ!絶対阻止しよう!!!

Yahoo:「人権侵害救済法案提出へ、メディア規制なし

>政府・民主党は、不当な差別や虐待で人権侵害を受けた被害者の救済を目的とする「人権侵害救済法案」を次期臨時国会に提出する方針を固めた。

 2002年に小泉内閣が提出(翌年に廃案)した人権擁護法案の対案として民主党が05年に作成した法案をベースに修正を加える方針で、擁護法案で批判が強かったメディア規制条項はなく、早期成立を図る構えだ。

 民主党は4月に人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(川端達夫座長)を設置、今国会中に救済法案の骨子をまとめる予定だ。政府は党の作業を踏まえ、人権侵害の定義、国と地方機関の組織のあり方などの制度設計を法務省で行い、次期国会への提出を目指す考えだ。

 自民、公明両党の連立政権時の擁護法案では〈1〉人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省外局として設置〈2〉取材を拒む被害者らを継続して待ち伏せることへの停止勧告――などの内容に報道規制や救済機関の独立性への懸念が示され、自民党内でも異論があった。民主党対案は05年の衆院解散で廃案となり、同党は09年の衆院選政権公約(マニフェスト)に「人権侵害救済機関の設置」を掲げていた。


まともな人間ならこんな法案がおかしいと感じるでしょうし、あってはならないということがわかるはずです

人権侵害といいますけど、そういう問題を起こしているのは「報道の自由」の美名の元にやりたい放題やっているメディアじゃないでしょうか?
一回放送してしまえば、取り返しなんてまずつかない事態になってしまいます

たとえば、痴漢報道。ある個人を痴漢だと報道してしまえば、後で冤罪だとわかってもどうにもなりませんし、報道が謝罪したという話も聞いたこと無いです。やりたい放題やって責任を一切とらない報道機関にのみ適用するならまだあっても良いかなと思わなくもないです

しかし、一般的には不要でしょう。個人同士のいさかいで法を持ち出したところでどうにもならないと思います。現実に
Yahoo:「ハンセン病違憲10年 今も続く「隔離」 原告団副団長

>ハンセン病患者隔離政策を違憲、違法と断じた01年の国賠訴訟熊本地裁判決から11日で10年。差別や偏見に苦しみ、故郷を追われて療養所に隔離された入所者の社会復帰を後押しすると期待されたが、同訴訟西日本原告団副団長を務め、今も国立療養所・菊池恵楓園(けいふうえん)(熊本県合志市)で暮らす志村康さん(78)は「裁判に勝っても差別はなくならなかった。私は『隔離』は今も続いていると思う」と話す。【澤本麻里子】

 10年前の5月11日、熊本地裁は歓喜の声に包まれた。手を取り、抱き合って喜ぶ原告たちの中に志村さんがいた。「自分はこの世にいない」と心に決めて生きてきただけに「人間と認められた瞬間だった」と振り返る。

 志村さんは旧制中学3年の時、ハンセン病と診断され、恵楓園へ。外出制限と労働を強いられる園での暮らしは収容所に近かったという。25歳の時、入所者の女性と結婚。翌年、妻は妊娠したが中絶を強いられた。その子どもに「操(みさお)」と名付けた。

 96年、隔離政策を定めた「らい予防法」が廃止に。しかし、自分が入所している間に弟妹の縁談が破談になり、母親は一家心中を考えたこともあったと知った。「家族のためにも、らい予防法の誤りを明らかにしたい」。98年、恵楓園の入所者ら13人で熊本地裁に提訴。かばんに「操」の位牌(いはい)をしのばせ、「私の子どもを国から取り戻してください」と訴えた。

 勝訴から2年後。熊本県南小国町にあったホテルが、県のふるさと訪問事業に参加した入所者の宿泊を拒否する事件が起きた。恵楓園入所者自治会などに匿名の中傷が相次ぎ、2次被害も生んだ。

 志村さんは言う。「裁判に勝ち、予防法がなくなっても差別はなくならなかった。その証拠に、親戚の結婚に影響が出ないかを気にして、墓参りのためにすら故郷に帰れない人はたくさんいる」

 09年、元患者の生活保障や療養所の地域開放を進めるハンセン病問題基本法が施行された。恵楓園は、地域との交流を図ろうと保育所の設置計画を進めている。入所者に代わって園内を案内するボランティアガイドの養成など次世代の語り部づくりにも力を注ぐ。しかし、全国の療養所と同様、高齢化が進み、今後の運営への不安は尽きない。

 「入所者自身が講話を続けられるのも時間の問題。いろんな世代の人が自由に来られるような園になれば」。志村さんは願う。


このような事例の出し方はどうかなと思いつつも、ですが

いかに法で違憲だと言ったところで、酷いことだとは思いますが個人の畏れの感情まではコントロールできないと思いますし、法がその感じ方まで踏み込んで制するのはむしろあってはいけないことではないでしょうか?

人権擁護という美名をつかって、個人の考え方・感じ方などを縛り付けようとするのはやり過ぎですし、絶対に許されない

とある何気ない行為について、差別されたと感じさせてしまい、差別されたと訴えられしまう。そしてそれが弁解の余地なく有罪になるっておかしいでしょ?やり過ぎです

結婚したいと申し込まれたけど断った。しかしそれは差別だ!ということになるかもですよ
そんな恐怖政治は本当にごめんです

民主党の人権侵害規制法案、絶対に潰しましょう

しかし、そもそも今こんなことをしている場合なのかって話ですよね?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110511-00001191-yom-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110511-00000002-maip-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権擁護法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック