2011年04月21日

てんかんって言っちゃいけないの?

Yahoo:「<クレーン車事故>柴田容疑者、持病隠し免許取得

>栃木県鹿沼市で登校中の市立北押原(きたおしはら)小の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、逮捕された運転手の柴田将人容疑者(26)=自動車運転過失致死容疑で19日送検=は、発作を伴う持病があることを隠して運転免許を取得していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は事故と持病の因果関係について捜査を進めている。

【事故の第一報】登校児童にクレーン車 5人死亡1人重傷 栃木

 捜査関係者によると、柴田容疑者の持病は薬を適切に服用していないと運転に支障をきたすことがあり、免許取得には一定期間以上発作を起こしていないなどの条件が課されている。しかし、柴田容疑者は免許取得や更新の際に持病の申告をしていなかったという。

 また、08年4月にも鹿沼市内で登校中だった小学5年(当時)の男児を車ではねて重傷を負わせていたが、当時の取り調べでも「居眠りをしていた」などと供述し、持病の説明はしていなかったという。県警は20日、勤務先の「小太刀重機」(鹿沼市)にあった柴田容疑者の車から薬など計27点を押収。事故時の健康状態や薬の服用状況を調べている。

 小太刀重機によると、柴田容疑者は10年5月入社。3カ月の試用期間を経て、同年8月から正社員になった。年1回実施している健康診断で異常はなく、本人から持病についての申告もなかったという。副社長の女性(66)は「薬を持ち歩いているのを見たことはない。若いので病気があるとは思わなかった。面接の時に(大型特殊とクレーン運転士の)免許を持参したので大丈夫だと思った」と話している。

    ◇

 事故で亡くなった北押原小4年、関口美花さん(9)の通夜は20日夜、鹿沼市内の葬儀場で営まれ、同級生らが参列した。「子どもたちはずっと下を向き、現実を受け止められない様子だった」(参列した男性)という。終了後は女子児童らが泣きじゃくり、保護者に支えられながら葬儀場を後にした。


先日のクレーン車による事故で小学生6人が亡くなった事故で、大きな動きがありました
犯人に持病があり、それがてんかんだということで、マスコミが一斉に持病のことを詳しく言わなくなってしまいました

どうやら大きな力が陰で働いて言論統制が行われることになったみたいです

なんにせよ、てんかんの発作の特徴を考えたら運転免許を持たせるのは危険だということが良く世間に伝わったのではないでしょうか?免許の取得など制限されてしかるべきではないかと考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000004-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

てんかんで児童6人殺した柴田将人が懲役7年は法律がおかしい 遺族16万人の署名集める
Excerpt: 1 :ブレーンワールド(愛知県):2012/04/09(月) 17:58:48.89 ID:6zBA812MP ?PLT(41374) ポイント特典http://www.fnn-news.com/ne..
Weblog: 【豆β】ニュース速報
Tracked: 2012-04-11 15:01