2011年03月25日

改竄はいけないけど、茶髪ピアスの生徒を盗りたくないというのはわかります

日刊スポーツ:「茶髪、ピアスはNG…都立蒲田高 外見で21人不合格

>東京都教育庁は25日、都立蒲田高校(大田区)の2007年度と08年度の入試で、服装や頭髪などの外見で面接点などを改ざんして、本来合格した計21人を不合格にしていたと発表した。都は当時校長だった西部学校経営支援センターの芝尾仁課長(55)を懲戒免職にした。

 都によると、茶髪やピアスをしたり、服装に乱れがあると判断した受験生について、面接や小論文の総合成績(千点満点)から最大で154点を減点、21人を不合格にしたという。

 07年度は面接点を改ざんしただけだったが、08年度は面接点だけでは不合格にできず、小論文や実技検査も減点。合否調整のため、本来は不合格だった9人に加点して合格にした。昨年に匿名の情報が都に寄せられて発覚した。芝尾課長は「学ぶ意欲のある生徒を選びたかった」と話しているという。


最初記事を見たときに、茶髪ピアスを単に不合格にして懲戒かよって思ってしまったんですけども、点数の改竄をしていたのでは申し開きできませんね

ただ、茶髪ピアスが現在の東京の高校で禁止されているかどうかは知りませんが、第一印象として落としたいという気分はよくわかります
まっとうな社会人なら通用しないじゃないですか。芸能界とかそういういい加減なところは別として

ですんで、この元校長には同情します


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:高校入試 東京都
posted by ! at 19:57| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茶髪、ピアスはもう人間として既に落第ですね。そんな人間をいくら教育しても無駄です。校長先生が正しい。
Posted by 野良犬 at 2011年03月25日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック