2011年03月07日

自民党もはやく体制固めを!

Yahoo:「衆院解散排除せず=菅首相「憲法に従い行動」退陣論けん制―予算案、参院審議入り

>参院予算委員会は4日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して、2011年度予算案の基本的質疑に入った。首相は、政権運営に行き詰まった場合の衆院解散について「憲法上のルールを無視することはない。何らかの選択を迫られたときは、ルールにのっとって行動する」と述べ、民主党内の造反で内閣不信任決議案が可決される事態となれば排除しないとの考えを示した。自民党の山本一太氏が「解散も退陣もしないのか」とただしたのに答えた。
 自民党は、民主党内で退陣論が広がっている状況を踏まえ、同党から大量の造反者が出る可能性を見極めながら、不信任案提出のタイミングを探っている。首相の発言は、民主党内の倒閣の動きをけん制しつつ、政権維持に強い意欲を示したものだ。同時に首相は、現状では「(解散は)まったく考えていない」とも述べた。


メディアを介さない国会の中継を見ていると、自民党がものすごく頑張っていることがわかります。がしかし、地方組織の状態は良くないようで支部長の空白区が未だにあることが非常に気になります

だから、国会の場で菅をいかに追い詰めようと、はっきり言って解散されると困るのが自民党自身ではないかと非常に不安になってます

地方はこれから統一地方選に向け、自分の立場が大事で国政の事なんてかまっていられないはずです。だからこそ、少しでも早く党本部が地方組織へ乗り込み、支部長を決めていく方が良いように思います・・・

国を傾かせた、民主党をやっつけるためにも自民党がしっかりしなければ、菅にこんな阿呆なことをいつまでも言わせておいてはなりません!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000040-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自民党 解散
posted by ! at 22:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック