2011年03月04日

これに異論はないなぁ。与謝野さんの発言だけどさ(笑)

産経新聞:「与謝野氏、減税日本を批判 「河村氏個人の運動体。政党として実体ない」

>与謝野馨経済財政担当相は4日午前の記者会見で、民主党内に河村たかし名古屋市長率いる地域政党「減税日本」と連携する動きがあることに「減税日本は河村氏個人の政治運動体だ。政党としては実体がない」と批判した。

 減税日本に国会議員はおらず、所属国会議員5人という法的な政党要件を満たしていない。民主党の佐藤夕子衆院議員が離党届を提出し、減税日本入りの意向を示したことについては「特に感慨はわいてこない」と述べた。


これには異論無いですね。しかも河村の向こうには小沢被告がいることが明確になっており非常に危険な状態ではないでしょうか?河村は小沢被告の手下であり、その河村の手下となる議員が増えるって事は・・・

また別の意味でも、減税日本の議員が増えるということは、そのまま市長による独裁政治が可能になるということで、これもまた危険な状態

名古屋の人はそれでも良いのかなぁ・・・民主主義を捨てて独裁政治がそんなに待ち遠しいのかなぁ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック