2011年03月03日

地味なホントに地味な研究ですけど、命の神秘を解き明かす一歩

Yahoo:「24時間リズム、50年以上維持=ハエ、暗闇で1300世代―京大

昼間活動するショウジョウバエの約24時間の生体リズム(概日リズム)は、暗闇の中で50年以上、1300世代にわたって飼育しても維持されたと、京都大の今福道夫名誉教授と原村隆司研究員が1日付の日本動物学会誌に発表した。
 今福名誉教授らによると、ショウジョウバエの1世代は約2週間。ヒトの1世代を25年として換算すると、3万2500年間にわたって変わらないことに相当し、概日リズムは非常に強固と考えられるという。
 ショウジョウバエを缶に入れ、暗闇で飼育する実験は、環境への適応による進化を解明する研究の一環として、1954年11月に始まった。1300世代目のハエは約100匹。概日リズムは、飛び回る活動の程度を赤外線でモニターして調べた。
 この長年暗闇で世代交代してきたハエを明るい場所に出すと、針の先に止まったり、雄が雌を追って飛び回ったりするため、視覚も維持している可能性が高いという。
 

このような研究が、即座に”はやぶさ”の探査などのように脚光を浴びることはないと思いますが、でも大事な研究ですよね

はやぶさは人気が出たおかげで予算が復活したけど、こういう地味な研究は今どうなっているんでしょうか?
研究者がいらしたとしても予算がなければ、何も進まないわけで、安易に予算を削った民主党の事業仕分けは本当に取り返しのつかない馬鹿なことをしてしまいました
そして研究者が海外へ流れていったとも聞きます

その研究者たちが戻ってくるように、そして今後も多くの研究者が日本から出てくるように政治の側も考え直してほしいですね。何が大事なのかって事を。民主党には無理だってもうわかっていますから次の政権でお願いします


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000001-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:生物 研究
posted by ! at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・動物・植物といったところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック