2011年02月22日

買うほどの曲はないし

”痛いニュース(ノ∀`)”:「音楽が売れない!「YouTube、ニコ動が悪い」…日本レコード協会

>1 名前: パレオくん(福島県):2011/02/18(金) 21:46:25.00 ID:HQ3gkYLA0 ?PLT
「YouTubeやニコ動が音楽購入の阻害要因にも」日本レコード協会が分析
日本レコード協会は17日、2010年度の「音楽メディアユーザー実態調査」の結果を公表した。過去半年間で音楽を聴いたと答えた4377人を対象に、音楽を楽しむために利用したCD以外のサービス・商品を挙げてもらったところ、最も多かったのはYouTubeで56.7%。昨年よりも7.1ポイント増加した。2位はテレビ(BS放送含む)で40.8%、3位はカラオケBOXで 37.8%、4位はFMラジオで37.7%、5位はニコニコ動画で23.6%だった。

また、過去半年間にYouTubeやニコニコ動画を含む無料動画配信サイトにおいて、音楽ファイルをダウンロードした人は全体の24%。ダウンロードした楽曲は平均32.6曲だった。日本レコード協会は、「プロモーション手段として動画配信サイトの役割は大きいが、一方で購入の阻害要因や違法ダウンロードのソースにもなっている」と分析している。

これに対して、無料動画配信サイトで視聴した楽曲の中から、実際に購入した楽曲は平均6.7曲。無料動画配信サイトで視聴した楽曲のCD を購入した理由としては、「ファンだから」が32.4%、「高音質で聴きたい」が29.3%、「コレクションしたい」が20.5%、「持ち歩きたい」が 14.9%、「特典が欲しい」が7.6%だった。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110218_427970.html

新品のCDアルバムの購入枚数が昨年よりも減ったという851人に理由を尋ねたところ、
最も多かったのは「金銭的な余裕が減った」で 47.2%、2位は「好きなアーティストが曲を
出していない」で27.2%だったが、「YouTubeなど無料動画配信サイトでの聴取が増えた」
も22.6%、「無料での音楽ファイルのダウンロード利用が増えた」も13.3%いた。

回答者全体のうち過去半年間でCDを購入した人は全体の33.7%、レンタルをした人は
24.6%、着うたを含むインターネット音楽配信を購入した人は9.3%だった。(抜粋)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110218_427970.html

金を払ってまで聞こうという魅力的な曲がないです

そういう人の考えは日本レコード協会には届かないのかなぁ

似たりよったりな粗悪乱造な曲とか多いと思いますよ
わけのわからん集団で歌っているようなのとか・・・ばからしくて(笑)


ほしいと考える人はちゃんと買っているんですし、音楽に対する考え方が表れていると受け止め、対策を考えてみればいいんじゃないですかな?


http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1598505.html


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:音楽
posted by ! at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック