2011年02月22日

身勝手な理由ですよね

Yahoo:「中国に抜かれた日本が「今後もわが国を援助すべき理由」=香港紙

>香港メディアの鳳凰網は16日、中国人有識者の七犀鳥氏の文章を引用し、「今後も日本が中国を援助し続けるべき理由」と題して、世界3位へ転落した日本が世界2位の中国へ経済援助をしていくべき理由について論じた。

 記事によると、「中国のGDPは日本を超えたとはいえ、1人当たりのGDPは日本の10分の1である。いまだ多くの庶民が貧困状態にあるわが国は、典型的な発展途上国である」と主張、日本は「道義上の義務」から引き続き援助すべきだと主張した。

 また、「中国をはじめとする中央アジアの砂漠から飛来する黄砂は、日本にも大きな被害をもたらしているが、わが国の環境整備は日本の環境保護にかかわる重要な問題であるため、援助を続けるべきだ」とも指摘した。

 さらに、日中の歴史問題にふれ、日本は第2次世界大戦で中国に大きな被害を負わせたにもかかわらず、中国は巨額の賠償金を要求しなかったと主張し、「1979年から始まった中国援助は、日本の賠償の1つと見ている中国人が多くいる。日本が援助を停止すれば、一部の中国人の感情を傷つけることになるだろう」とコメントした。

 中国人の平均収入の低さはさまざまな社会矛盾を引き起こしているが、記事は「最終的にはわが国で解決しなければならないこと」とし、「わが国は世界2位になったとしても、人民の生活を大きく改善しないなら、人民の不満を買うことになるだろう」、「わが国は、遅かれ早かれ日本が援助を停止することを覚悟すべき」と主張した。


GDPでこの日本を追い抜き、核攻撃能力を多数所有し、なおかつミサイルの攻撃目標としてセットしているにもかかわらず、この言い分は酷すぎます。賠償だなんて冗談じゃありません

来年度の予算から支那への支援を打ち切るべきなんですよ
そうすればかなり予算が浮くハズなんですが!
豪雪被害への予算よりずっとずっと多額の黄砂対策を支那へ払っていることも異常

支那への支援を直ちに打ち切るべきです

支那へは、日本国民皆でふざけるな!というべきじゃないでしょうか?

ま、そういう支那の手先となって働きますと高らかに宣言したのが小沢一郎被告なんですよね〜。そんなのを総理大臣にしてみたいという基地外がいることが不思議です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00000026-scn-cn


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那
posted by ! at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック