2011年02月20日

寺社仏閣の皆様方には盗難防止策をご検討くださいませ

Yahoo:「<窃盗>仁和寺で仏像3体盗難 参拝客が気づく…京都

> 世界文化遺産に登録されている真言宗御室派総本山の仁和寺(京都市右京区)で15日、境内にある「御室八十八カ所霊場」のお堂から仏像3体がなくなっているのが分かった。京都府警右京署が窃盗容疑で捜査している。

 同署などによると、盗まれたのは千手観世音菩薩(ぼさつ)2体と弥勒(みろく)菩薩1体で、高さは90〜95センチ。いずれも霊場の順路(約3キロ)に点在する小さなお堂に安置され、文化財指定は受けていない。

 参拝客が同日午後3時半ごろ、お堂の一つの鍵が壊され仏像がなくなっているのを発見した。順路には88のお堂があり、寺の職員が全ての無事を確認した今月8日以降に盗まれたらしい。

 この霊場では01年に仏像約40体、09年に1体が盗まれている。


罰当たりが増えてますね
日本文化を理解できない外国人ならともかく、日本人においてまで仏像などが金になるからと盗むものもいると聞きます
仏像ほどではないにしても賽銭泥棒も結構いるそうですね

少なくとも日本人ならば、このような霊場において不埒なまねをするものは無いと思ってましたが、非常に残念な傾向だと思います。ご先祖様を粗末にするような教育はしないでほしいものですが・・・今の世の中では無理なんですかねぇ

教育がきちんとなされるようになったとしても時間はかかると思いますので、可能な限りお寺さんや神社では盗難防止策を施してほしいですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110216-00000010-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学・歴史的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック