2011年02月15日

いい加減なことを言うな!

Yahoo:「二・二六、政治の責任 小沢氏、私塾で語る

>民主党の小沢一郎元代表は11日、自身が塾長を務める政治塾の開講式であいさつし、戦前の日本で陸軍青年将校らがクーデターを企てた二・二六事件に触れ、「国民の生活を守りきれなかった政治家と政治の責任だ。生活苦、貧困がそのような悲劇をもたらした。だから私は『国民の生活が第一』だというスローガンを掲げた」と、政治の責任の重さを強調した。

 さらに「われわれは国民の生活を守るという名の下に政権を委ねられた。もう一度、自分の胸に問いただし、国民の期待に応えなければならない」と語った。

 また、小沢氏は2001年の米中枢同時テロに関し、かつてルース米駐日大使と面会した際、テロを批判しつつも、「なぜテロが起こるのか、その原因を根絶しなければ永久にこれは続く。米国が軍隊を何万、何十万投入しようが、アフガニスタンでは戦争に勝てないし、民衆を治めることはできない」と主張したことを紹介した。


国民の生活が大事、これは当然のことではありますが

しかし、小沢がやっていることは自分の生活が大事でしかありません
こやつが国民のために行動したという話を聞いたことはありません
自民党時代においても黒幕として行動し、決して表に出ることなく私腹を肥やすことに専念していたと聞いておりますよ

あげくに日本の借金800兆を自民党が作ったと批判してますが、その半分は小沢が作ったと指摘されてます。そんなのを党の代表に据えて自民党を批判していた民主党って、あまりに馬鹿すぎない?おかしいと思わなかったの?不思議に思います
やっぱりどう考えても、自民党を落ちこぼれた連中などが、その権力を手中に収めるためだけに一つの入れ物に入っていたに過ぎないんだなぁと思うばかりであります

さておき、この2.26事件と小沢の言っていることって全然関連性が無いと思います
軍のクーデターと政治の責任ってどこら辺に関連性があるのかな?全然分けわかりません
政治の責任の重さを痛感するのなら、小沢自身はやめるべきじゃないの?

さて話は変わって
そんな小沢と連携しようとしているのが名古屋の河村市長
産経新聞:「河村市長が「小沢塾」に乱入、連携アピール

>名古屋を舞台とした「トリプル投票」を制した河村たかし名古屋市長が12日夜、東京都内で開かれていた「小沢一郎政治塾」の懇親会に乱入、“小沢イズム”を勉強中の塾生たちを激励した。

 河村氏は13日午前7時半からフジテレビ系で放送される「新報道2001」の生出演に備え、12日夜に上京していた。小沢氏と親交の深い河村氏は、塾生と小沢塾出身の国会議員らが集まった懇親会に飛び入りで参加した。

 ほろ酔い加減で会場に到着した河村氏は、上機嫌で懇親会会場に突撃。畳の上に座り込んで杯を合わせ、「がんばって日本を盛り上げてくれ」と20〜30代の塾生たちにエール送った。

 河村氏は8日に都内で小沢氏と面会。「連携」を確認したばかりで、小沢氏と河村氏の“共闘”が現実味を帯びてきたようだ。

 「小沢一郎政治塾」は、各界のリーダーを育てることを目的に平成13年から行われている小沢氏の私塾。塾長は小沢氏で、これまでに衆参国会議員10人を輩出している。


小沢は、あの民主党からも政治と金の問題を追及されて何かしらの処分を受けようとしているわけですが、そんな人物を親交がある人が名古屋の市長であることに何か問題があると考える人はいないのかな?
政治家として資質の欠ける人ともに日本を盛り上げるって・・・バカジャネーノ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110212-00000113-san-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:小沢一郎
posted by ! at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック