2011年02月09日

シーシェパードから日本の捕鯨船を守る処置を施すべき!

Yahoo:「スクリューにロープ絡まる SS妨害行為で船体損傷は初

>水産庁は4日、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)が同日、南極海で日本の調査捕鯨船「第三勇新丸」に対し、妨害行為を行ったと発表した。けが人はないが、SSが投げ入れたロープがスクリューに絡まり、航行速度が遅くなる被害が出た。今冬のSSによる妨害行為は7度目で、船体の損傷は初めて。

 水産庁によると、SSは4日午前7時10分ごろから、「ゴジラ号」や小型ボートで勇新丸に接近、ゴムパチンコで瓶を投入するなどした。瓶が複数船体に当たり、被弾した周辺からは酪酸の臭いがしたという。勇新丸は放水や音声で警告を行い、救難信号を発信した。

 同日午前11時15分現在、妨害行為は続いており、終了後に船体への影響を調べる。

 3日夜にも約40分間にわたり6度目の妨害行為があったが、けが人や船体の損傷はなかった。


ここまで危害を加えられて何もしないというのはおかしい
日本の船舶を実力を持って守る手段を講じるべきです、早急に!
海上自衛隊を護衛に回すべきでは?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000536-san-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:捕鯨
posted by ! at 20:26| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも今年は、護衛艦を2艘雇う計画だったのに、民主党政権の事なかれ主義のおかげで「外交的配慮」として中止された。その製で、調査船団は縮小されたまま、何の目当たらし防御策も無いまま南極海に送り込まれた。ついに救難照明弾を打ち込んできたせいで、日新丸の防御用の網に引火さえしている。せめて、この連中の船籍国と補給を許したNZに厳重抗議ぐらいしろ。

ロシアにけんか売る暇があったら、先にこいつら何とかすべきなんだ。直接人命が危険にさらされているんだ。
Posted by ednakano at 2011年02月10日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック