2011年02月04日

差別が実際にあったとしても、これはおかしい

Yahoo!:「米東芝を女性差別で提訴=子会社幹部、1億ドル請求

>東芝の米国法人で組織的な女性差別が行われているとして、米東芝子会社の女性幹部が31日、同社を相手取り、1億ドル(約82億円)の賠償を求めてニューヨークの連邦地裁に提訴した。
 この女性幹部は2008年に米東芝の原子力事業会社に入社。女性社員が昇格や報酬面などで日常的に差別されているとして会社に苦情を申し立てたところ、昇進させないなどの嫌がらせを受けたという。全米の東芝女性社員を代表して提訴するとしている。
 米国では、金融大手ゴールドマン・サックスや小売り世界最大手のウォルマート・ストアーズなど、女性社員への待遇差別で大手企業が訴えられるケースが相次いでいる。
 東芝は今回の訴訟について「現時点ではコメントできない」(広報室)としている。


差別っていうのを、何を持って定めるのかわかりませんけど
性別で昇進の有無が決まるよりも、能力の有無で決めて欲しいものですね
女性だから昇進がないのではなく、無能故に昇進がない可能性もあるんじゃないかなぁと

ただ感情論を持ち込まれるとやりづらいでしょうね


そして実際に差別があったとしても、この賠償金額も変
こんなことになるなんてアメリカも病んでいますね・・・日本がこんな事にならないで欲しいなと思います

こんなのが上司だったら働きづらいね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000021-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:男女差別
posted by ! at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック