2011年01月01日

自衛隊の皆様に感謝を

Yahoo!:「大雪 通行再開のめどたたず…鳥取の国道9号

>鳥取県琴浦町から大山町にかけての国道9号で1日未明、大雪のためタンクローリーが立ち往生したのをきっかけに約23キロにわたって約1000台の車が動けない状態になった。一部の車が引き返すなどし、1日午前10時現在、約19キロに約600台が残っているとみられる。県などは約150人態勢で除雪を進めているが、通行再開のめどはたっていない。

 鳥取県などによると、大山町田中で31日午後3時40分ごろ、タンクローリーがスリップして国道をふさいだ。事故処理をしている間に雪が降り積もり、他の車も動けなくなったという。

 県は31日午後11時40分に知事を本部長とする豪雪対策本部を設置し、陸上自衛隊に災害派遣を要請。大山町の環境改善センターと、琴浦町役場に緊急避難所を開設した。

 自衛隊による燃料の給油作業は1日午前10時前、大山町側から始まった。県も1日未明から、防寒用の毛布を配布。タンクローリーは午前9時前、車体の向きを元に戻す作業が終わった。

 一方、JR西日本米子支社によると、鳥取県大山町のJR山陰線御来屋(みくりや)−下市間で、積雪による倒木のため、鳥取発新山口行き特急スーパーおき5号が31日午後4時ごろから立ち往生している。1日午前9時現在、車内に乗客約130人が取り残されており、体調不良を訴えた3人が病院に運ばれた。特急はディーゼル列車で、車内の停電などはないとみられる。

 同線では鳥取県米子市内で1日未明、除雪車の前部に連結した除雪用の装置が脱線するトラブルも発生。1日午前11時半現在、スーパーおき5号を除く17本の列車が松江や米子などの駅で計約1000人の乗客を乗せたまま運転を見合わせているという。復旧は1日午後以降になる見込み。

 鳥取地方気象台によると、大山町に隣接する米子市では31日午前7時までの積雪はゼロだった。その後、急に雪が強まり、1日午前5時には1940年の観測開始以来、最大の89センチに達した。正午現在、80センチとなっている。


新年明けましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いいたします

2004年開設以来、7年目に突入って事になるのかな・・・今後も駄文を書き連ねていきますので、本当によろしくなのです


さて、新年早々自衛隊の皆様が出動という事態へ
温暖化温暖化と言われて、確かに夏は非常に暑くなっているのですが、反面冬場は冬場でかなり冷え込むような感じがいたします。地球の気象状況はどうなっているのでしょうか?

で、このような大雪になり、自衛隊の皆様が救助に向かうという事態にまでなりました

自衛隊の存在は、やはり無ければダメだなと思うわけです
いざというときに秩序だって大がかりな活動をできるシステムを作り上げているのは自衛隊だけだもの
自然の驚異にも敵国の侵略にも備えなければ、助かるモノも助からなくなってしまいます

自衛隊の皆様に感謝を!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110101-00000010-maip-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自衛隊
posted by ! at 19:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、仕事(命令)だから行っているのです。ボランティアでやっているとでも思っていらっしゃるのですか。
Posted by makino at 2011年03月12日 21:44
そうですね(┐(´ー`)┌ヤレヤレ)
Posted by !@管理人 at 2011年03月13日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック