2010年12月09日

2ちゃんの薬事板はひどいからなー

Yahoo!:「<ネット掲示板>薬物密売の書き込みで初の逮捕 警視庁

>インターネットの掲示板に違法薬物の販売情報を書き込んだとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは8日、東京都大田区仲六郷1、無職、佐藤豪容疑者(28)を麻薬特例法違反(あおり、唆し)容疑で逮捕したと発表した。薬物の所持や使用の実態がなく、掲示板への書き込みだけで逮捕するのは全国初だという。

 逮捕容疑は11月9日、大田区のネットカフェからネット掲示板「2ちゃんねる」の「薬、違法板」に「S0・5 25000」などと、覚醒剤0.5グラムを2万5000円で販売するとの情報を書き込み、薬物犯罪をあおり唆したとしている。

 警視庁によると、佐藤容疑者は今春から覚醒剤などの薬物販売情報を書き込み始め、これまでに購入希望者数十人から代金として計100万円を入金させたが、薬物は持っていなかったという。

 捜査関係者によると、覚せい剤取締法での立件は、薬物の存在が前提となるが、麻薬特例法では薬物犯罪を助長する行為全般を規制しており、薬物がなくても立件できるという。【伊澤拓也】

 ◇ネットでの売買、捜査側対策困難

 関東信越厚生局麻薬取締部などによると、違法薬物の売買は、対面式に代わってインターネットが主流になりつつある。捜査に協力的なサイト管理者は少なく、捜査権限が及びにくい海外サーバーが利用されるなど対策が難しいのが実情だという。

 ネット売買のメリットは匿名性にある。サイトでは覚醒剤を「S」、大麻を「緑」などと隠語で呼び、やり取りはメールで身元を隠して行える。捜査当局が特に問題視するのが、黙認している掲示板の管理者たちだ。隠語のため削除要請も行いにくい。令状を取った強制捜査に乗り出そうにも証拠収集に時間がかかり、海外のサーバーが使われていると効力が及ばないという。


取り締まる方はいろいろ大変でしょうけど、
薬物は一人をダメにするだけではなく、周囲を巻き込むことが多いと思うので、可能な限り取り締まって、潰していって欲しいです
そうはいっても現政権が大好きな北朝鮮でも作って、日本へ持ち込むくらいですから、なかなか難しいでしょうかね

サーバーが海外にあって、その中身の捜査が難しいんでしょうけど、これが何とかできればなぁ・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00000031-mai-soci



    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:2ちゃん 薬物
posted by ! at 21:36| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | インターネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬については、どんなに些細なことでも徹底的に取り締まって下さい・・・ですね、
私達も目をひからせて、おかしい人間は通報・・・ですね。
薬=関わッてしまったらヤバイ=逮捕=前科者
・・・ですね。
Posted by こんにちわ at 2010年12月09日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック