2010年11月26日

死刑判決 二題

産経新聞:「裁判員裁判初、少年に死刑判決 3人殺傷事件で仙台地裁

>元交際相手の姉や友人ら3人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた宮城県石巻市の元解体工の少年(19)の判決公判が25日、仙台地裁で開かれ、鈴木信行裁判長は「犯行態様や結果の重大性から考えれば、更正可能性は著しく低い」として、求刑通り死刑を言い渡した。少年が被告の裁判員裁判で、死刑が言い渡されるのは初めて。

 最大の焦点だった、犯行当時18歳7カ月の少年への死刑選択の是非について鈴木裁判長は「年齢には相応の配慮をするべきだが、死刑を回避する決定的な事情とはいえない」と説明。弁護側は専門家が矯正の可能性を認めていることなどを根拠に、更生の可能性があると訴えていたが「実母への暴行で保護観察中の犯行であることや、元交際相手の少女に日常的に暴力を振るっていたことも考えれば、更生の可能性は著しく低い」として、死刑が相当と結論づけた。

 鈴木裁判長は量刑理由で、昭和58年に最高裁が死刑選択の指針として示した「永山基準」と照らしながら説明。犯行態様について「無抵抗の被害者をためらうことなく、次々と牛刀で刺した。傷の多くが内蔵に達するなど、極めて執拗(しつよう)かつ残忍」と指摘したほか、動機面などでは「元交際相手の少女を連れ戻すために、邪魔する者はすべて排除しようとした。欲しいもの奪うという点では、強盗殺人に類似した側面もある」と断じた。

 判決後、会見に応じた弁護側は「(判決言い渡し後の)接見時、少年は比較的落ち着いた様子だった」と説明。少年が判決を「受け止めたい」と話していることを明かしたうえで、「弁護側としては説得して控訴したい」と述べた。

 判決によると、少年は2月10日早朝、同市清水町の元交際相手の少女(18)方で、少女の姉の南部美沙さん=当時(20)=と友人の大森実可子さん=同(18)=を牛刀で刺して殺害。男性1人に重傷を負わせ、少女を連れ去るなどした。


よくぞ死刑判決を出したなって思います
普通に考えて、これだけ悪逆なことをして死刑にならないっていうのはあり得ないと思います
年齢にかかわらず、やったことで判断する
そうなっていけばいいなって考えますね

ただ、死刑になりそうな裁判の時は裁判員裁判にしない方が良いのかなって思うようになりました

もう一つ
Yahoo!:「死刑判決 池田被告、控訴の意向なし 横浜の裁判員裁判

>裁判員裁判で初の死刑判決を16日に横浜地裁で言い渡された住所不定の無職、池田容之(ひろゆき)被告(32)の弁護団は25日、池田被告が控訴しない意向を示していることを明らかにした。

 弁護団によると、22日に接見した際、池田被告は「事件と向き合って考えを深めているので、(極刑を望む)被害者遺族の意向を無視できず、控訴することは、それを傷つけることにもつながる恐れがある」などと語ったという。控訴期限は30日で、主任弁護人の青木孝弁護士は「今後も(控訴に向けて)説得を続ける」と語った。

 判決では朝山芳史裁判長が「重大な判断になったので控訴を勧めたい」と異例の説諭をしていた。


こっちでよくわからないのは
裁判長が控訴を進めるってこと
本人が受け入れるような発言をしているのに、裁判長も弁護士も一体何を考えているのかなぁ
裁判長の方は裁判の時に、そういう発言を聞いたかどうかはわかりませんが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101125-00000031-maip-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:死刑
posted by ! at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック