2010年10月26日

ちゃんと抗議しているのか?支那船尖閣諸島沖へ侵入

時事ドットコム:「中国監視船が尖閣沖航行=一時接続水域に−海保

>第11管区海上保安本部(那覇市)は25日未明、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の接続水域内を24日夜、中国の漁業監視船2隻が航行しているのを確認したと発表した。2隻とも領海への侵入はなく、その後接続水域を出た。
 仙谷由人官房長官は25日午前の記者会見で、政府が外交ルートを通じ中国側に抗議したことを明らかにした。
 同本部によると、24日午後8時55分ごろ、尖閣諸島の魚釣島北北西約37キロのわが国接続水域内を、中国の漁業監視船「漁政202」が航行しているのを哨戒中の海保巡視船が発見。また同9時15分ごろには、同島北北西約33キロで同「漁政118」を確認した。両監視船とも同10時35分ごろまでに接続水域を出たという。 
 中国の漁業監視船は、9月24日から10月6日までの間も尖閣諸島周辺の日本の接続水域内で活動していた。中国の漁業行政当局は20日、「漁政118」が尖閣諸島近海でのパトロールのため14日に出航したと明らかにしていた。


船員を帰したり、船を返したり、船長を不起訴にしたり、支那に対して甘い態度をとっているからこういうコトになるんです
今からでも自衛隊各隊に対して尖閣防衛に当たらすべきではないでしょうか?
現政権に期待するのは無理かもですが

あと、登山家の野口健さんが尖閣諸島のモグラの保護を訴えてます。上陸して調査したいようですが、政府が許可を出さないみたいです。変な話ですよね。たしかに民間の方の土地ではあるけど、自然保護の観点から絶滅の危機があるのなら早く調査の許可を出すべきではないでしょうか?


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
相手は凶器を使い戦闘行為に及んでいるのに、抗議の真似だけしてみました・・ってか。
さっさと尖閣諸島を含む領海内を自衛隊の実弾訓練場に指定しなさい。
それも不定期的に・・・支那の船が来た時だけ
戦わずして滅びても歴史の闇に塗り込められるだけ。
戦い傷つき倒れても、必ず誰かがあとに続く
米・中・日・三角形・・・・
三国志に影響されすぎ。
三国鼎立は、軍事力が拮抗しているときにだけ成立する。
小国は軍事力に知力も必要・・・
民主党も無理な事を考えないように。
さっさと野党に政権を渡して解散しなさい。
Posted by ねむ太 at 2010年10月27日 02:32
やるべきコトをしなければ、日本が亡くなっちゃう、それだけのことです。
できない連中は邪魔だからどくべきなのです。
Posted by 管理人の”!”です at 2010年10月27日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック