2010年09月23日

ノーベル賞受賞なるか?

Yahoo!:「ノーベル賞候補に山中教授ら=iPS細胞で、医学・生理学賞―文献会社

>来月4日からのノーベル賞発表を控え、米文献データベース会社トムソン・ロイターは21日、論文の引用回数や業績を基に、恒例の受賞有力候補21人を発表した。日本人では医学・生理学賞に、体のさまざまな細胞に変わる万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」を開発した京都大の山中伸弥教授(48)、化学賞に多孔性金属の合成法などを開拓した同大の北川進教授(59)の名前が挙がった。
 また、経済学賞には米プリンストン大の清滝信宏教授(55)が挙がった。清滝教授はマクロ経済学理論が専門でロンドン在住。日本人が同賞候補に名前が出たのは初という。 


現時点ではまだまだ候補に過ぎないということですが、
再生医療などで生かすことができるという話のIps細胞を開発したことは絶対評価されるのではないかと考えてます。人間の体を治す際に、自分の体をベースに使うことができれば適応性の問題はなくなるでしょうから、すごい技術だと思いますよ


ところで、そのIPS細胞を開発するための予算を、民主党は事業仕分けで削っていたわけですが、その辺は、皆様如何様に考えますでしょうか?はっきり言って蓮舫をはじめとして仕分け人は先を見ることができない無能な連中というべきでありましょう

このほか、スプリング8とか「ちきゅう」とか研究分野の予算を削っていたわけです
そのおかげで若手の科学者が日本から出て行ったとも聞きます
頭脳流出が先の先になって日本に大きな被害をもたらすことになりましょう

つくづく馬鹿な集団ですよ、民主党は


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100921-00000091-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:19| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本で民間人がノーベル賞を受賞するのは、至難の業です。
田中耕一氏は津島という企業があったからよかったのだが、科学、物理学の分野で障害になるのは、官僚です。
自分たちより優秀な人間の存在を認めない、自分たちこそが世界のトップだと勘違いし、補助金のカット、企業を使ったりあらゆる手段を使って妨害します。
自分のバカさ加減を知らない哀れな奴らです。
Posted by ねむ太 at 2010年09月30日 01:50
そうでしょうか?一概にそうとも言い切れないと考えます。
官僚が最近やたらめったら悪人扱いされるケールを見ますが、本当にそうなら日本はとっくに消滅しているように思いますよ。

あと最近補助金をカットしたのはれんほーさんとか民主党の事業仕分け人だったと思いますし・・・。政治主導だそうですが(笑)。

その辺まともな政治家が政権を担えば、そういう困ったことも減るとは思いますよ。国益を考えられる政権を望みます。
Posted by 管理人の”!”です at 2010年10月02日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック