2010年08月19日

やっぱし麻薬など薬物犯罪者は厳しく処断すべき

Yahoo:「清水健太郎容疑者 覚せい剤使用の疑いで逮捕…警視庁

>警視庁組織犯罪対策5課は18日、元俳優の無職、清水健太郎容疑者(57)=本名・園田巌、東京都台東区寿4=を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。清水容疑者が薬物関連容疑で逮捕されたのは5度目。

 逮捕容疑は、8月上旬に都内などで、加熱して気化させた覚せい剤を吸引したとしている。清水容疑者は調べに「自宅マンションの部屋で、あぶりという方法で使った」と容疑を認めているという。

 清水容疑者は9日午後にJR上野駅(台東区)で警察官に職務質問され、任意提出した尿から覚せい剤の陽性反応が出ていた。

 清水容疑者は76年に「失恋レストラン」で歌手デビューし、77年に日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。83年に大麻取締法違反容疑で逮捕されて以降、04年までに薬物の使用や所持の容疑で4度逮捕され、実刑判決を2回受けた。08年10月には道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で逮捕され、懲役7月の実刑判決を受けている。【町田徳丈】



また、この人が薬物で捕まったそうです
さらに言えば、芸能界にはこういうのが結構います

相撲界の薬物汚染が激しく指摘されていましたが、それをいうのなら芸能界も薬物汚染はさらにひどいんじゃないでしょうか?

芸能界にも改革委員会が必要でしょう
特に未成年者への悪影響は相撲界のそれとの比では無いかと考えますよ


それと、相撲界では薬物違反をした人は追放でしたが
芸能界は、この記事の人のように何度でも復帰できます
おかしいですよね・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100818-00000013-maip-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:薬物 大麻 麻薬
posted by ! at 22:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック