2010年08月11日

株価は上がると言ったじゃないですか!>菅直人よ

Yahoo:「東京株式大引け速報:9300円割れ、円高懸念・中国景気の鈍化懸念で先物に投げ売り続出

>11日の東京株式市場は急落した。後場に入り下げ幅が拡大し7月22日以来の9300円割れとなった。大引けの日経平均株価は前日比258.20円安の9292.85円。全面安。

 注目されたFOMC(米連邦公開市場委員会)が金融危機の際に購入した住宅ローン担保証券(MBS)が償還を迎えた場合、期間がより長い米国債に再投資するなど事実上の金融緩和策が打ち出された。FOMCの声明文で、「米景気の回復が従来予想よりも緩やかになる」としており、米景気減速懸念も強まった。

 このため、NY外為市場では日米金利差縮小観測からドル安・円高方向に為替が振れ、一時85円17銭の円高値を付け、今日の東京株式市場でも円高懸念が強まった。一時、ドル・円は85円20銭、ユーロ・円は111円54銭まで円高が進む場面があった。

 オプション市場では9500〜9750円が想定レンジだっただけに、この日の現物株指数9500円割れで先物に投げ売りが続出し現物株指数の下げに拍車をかけた。一部では大手金融機関の売りが観測された。

 前場途中からは、午前11時前後から発表される中国経済指標が悪化するとの観測から先物に仕掛け的な売りが断続的に出て、現物株指数を押し下げた。10日は中国の7月の貿易統計で輸入の伸び率が予想を下回ったことで、中国景気の減速懸念が台頭しており、今日の中国経済指標が悪化すれば、さらに中国景気の減速懸念が強まることから日本株の下げを加速した。お盆シーズンということもあって「夏枯れ」相場となっており、板が薄い中、ある程度まとまった売り物が出ると急速に値を下げやすい状況となっている。

 注目された中国国家統計局が11日発表した7月の消費者物価指数(CPI)は前年同月に比べ3.3%上昇したほか7月の工業生産高が前年同月比13.4%増と6月の13.7%から縮小した。7月の小売売上高は前年同月比17.9%増と6月の18.3%を下回った。特にCPI(消費者物価指数)が前年比3.3%上昇。中国当局の抑制目標の3%を上回ったことで中国が金融引き締めに踏み切り、中国景気が減速するのではないかとの見方が一部で浮上していることが先物売りにつながった模様だ。(


支那の記事だけど、それはおいておいて

菅氏は、昨年の選挙末に
民主党がかったら株価が上がると言っていたような気がしますが?
どうしたら個々まで下がる事態を放っておけるんでしょうか?

昨日管談話という妄想の垂れ流しをして、軽井沢へ夏期休暇を取りに行ったそうですが、遊んでいる暇無いと思いますよ!

麻生氏には寝ないで働けと言っておいて、おまえは休むなんて外道じゃありませんか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00000072-scn-brf


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:株価 菅直人
posted by ! at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック