2010年08月09日

ご年配の皆様は納得できるんでしょうか?>年金切り崩し・・・

47news:「年金積立金取り崩し案浮上 11年度予算編成

>政府の2011年度予算編成で、公的年金の受給者に給付される基礎年金の財源確保策として、約123兆円の年金積立金の一部を取り崩す案が浮上していることが4日、分かった。

 基礎年金は給付費約21兆円の2分の1を国庫(税)で負担しており、09、10年度の2年間は財政投融資特別会計の「埋蔵金」の充当でしのいだが、11年度は不足の財源約2・5兆円をどう捻出するか、全くめどが立っていないため。しかし、積立金の取り崩しは年金財政の持続性や将来世代の給付水準に影響しかねず、年末の予算案決定まで調整はもつれそうだ。

 基礎年金は現役世代が支払う保険料と国庫で賄う。国庫負担は以前は3分の1だったが、年金財政の安定化のため徐々に増やし、09年度から2分の1に引き上げた。だが、引き上げに要する財源として当初見込んでいた消費税増税は先送りされた上、埋蔵金はもう残り少なく、活用は困難だ。

 そこで政府は苦肉の策として、厚生年金と国民年金の積立金を最大で2・5兆円取り崩し、国庫(一般会計)に貸す形にした上で財源をひねり出す案を検討。同様のやりくりは過去にも行ったことがあるため、「理屈は通る」(厚生労働省幹部)との考えだ。


年金を使っちゃったら、その後どうやって補填するんでしょうか?
これから数年先に受給予定の人たちの貰う額が減らされることになるような気がするんですが?

そこで聞いた話だとその辺の世代が、民主党を支持している人が多いんだとか・・・?もしそうだとするなら、支持した相手に思いっきり裏切られるのはさぞかしうれしいんじゃないですか?
っていうか、民主党がそういう政治力がないことはみていればわかりそうなのに、何で支持しているのかわかりません・・・

また、そのほか
年金だけでは無く、各種保険のたぐいも埋蔵金扱いされてます
以前から書いているとおり労働保険とか、国民に将来何かあったときのための積立金を民主党は財布代わりにしようとしているのです

それって許されることなんでしょうか?
はっきり言って泥棒でしょ?


話を変えて、埋蔵金がもし存在したとしましょう
埋蔵金は使い切ったらおしまいです。そこから先のことは?って思いませんか?

子供手当にしても、各種無償化にしても、継続していく政策です
財源が埋蔵金って、馬鹿でしょ?って言うしかありませんよ
社会が停滞しているから企業からも国民からも税収は減る一方です

どうするつもりなんでしょうね!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:民主党 年金
posted by ! at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック