2010年07月28日

やっぱり民主党!信念の欠片もなかった模様>チバーバ死刑執行

Yahoo:「死刑執行、落選法相続投への批判かわす狙い?

>千葉法相が28日、昨年9月の就任以来一度も行ってこなかった死刑執行に突然踏み切ったことについては、野党などから「30日に召集される臨時国会を控え、参院選で落選した千葉氏を続投させた菅首相への批判をかわす狙いがあるのではないか」との見方も出ている。

 仙谷官房長官は28日午前の記者会見で、「千葉法相は非常に重要な行政権行使の責任者で、あくまでも法にのっとって行った。法治主義のもとで自らの職務を全うした」と強調した。

 ただ、千葉氏の続投については野党側から「参院選での落選は有権者が千葉氏の法相としての実績を判断した結果であり、首相が内閣の都合で続投させるのは民意の軽視だ」との批判が出ている。

 千葉氏は「基本的な法務行政に対する立場に変わりはない」として、国会議員の身分を失っても政策執行に支障はないと反論していたが、野党側は臨時国会で厳しく追及する方針だった。


Yahoo:「死刑執行命令書「法相は24日に署名した」民主・枝野幹事長が明かす

>民主党の枝野幸男幹事長は28日、千葉景子法相が2死刑囚の死刑を執行したことについて「(千葉氏が)執行命令書に署名したのは24日だと聞いている」と述べ、参院議員在職中にサインしていたことを明らかにした。

 また、千葉氏が死刑廃止論を唱えていたことに関して「粛々と法に基づいて執行を行ったと受け止めている。立法政策論としての(個人的な)考え方と、国務大臣としての責任は別問題だと千葉さんも認識をしている」とコメントした。


選挙で落選した以上、一介の死刑反対論者の民間人が前言をあっさりと翻して死刑を執行書にサインしたあげく、執行に立ち会ったということ

なんか全然一貫性がありませんね。はっきり言ってその主張は不愉快でいやでしたが、少なくとも死刑反対をそれまでは貫いていただけに大したオバハンだと見てましたが、全然見込み違いでしたね

なんていうか、チバーバのこんなパフォーマンスのために、いかに死刑判決の出ていた方々と言えども、気の毒としか思えません。ちゃんとした意志に基づいて執行ならともかく、こんな状況ではあまりにひどいな、と思います


まず野党の皆様には、なぜこの時期に死刑執行書にサインしたのかきちんと問い詰めていただきたい。でなければ亡くなった方が浮かばれない。反日連中のパフォーマンスのために軽々しく命を扱われてはたまりません
厳しい追及をお願いしたいものです

死刑が存在する以上、執行されることは大事なコトだと思います
しかし、執行する側の人間がそれだけしっかりしていてくれないと困るんです。今まで反対していたのが、なんであっさり考えを変えたのか、これが明確にならないのであれば、改めて任命責任を追及していくべきでしょう
民意が通ってない、民間人が死刑を執行する恐怖もありますし・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000534-yom-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000542-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック