2010年07月24日

外国人が増える恐怖

産経新聞:「【社会部オンデマンド】なぜ外国人がこれほど増えたのか? 甘い入管当局の姿勢、“優しい社会”がさらに呼び込み…

>「最近、身近に外国人の急増ぶりを実感します。ニュースでも大阪市で中国人が生活保護を大量申請した騒ぎがありました。一体、なぜ外国人、特に中国人がこれほど増えたのでしょう。理由があるのでしょうか」=川崎市多摩区の主婦(37)


政令市を超える規模

 法務省の出入国管理統計では平成21年にわが国に入国した外国人は758万人。不況の影響で20年の914万人から減少したものの、統計を取り始めた昭和25年の年間1万8000人から、ほぼ一貫してこれまで増加傾向だった。

 日本で暮らす登録外国人数で見ると中国人の動きが突出している。平成10年に外国人登録のトップは韓国・朝鮮人で63万8828人。中国は27万2230人にすぎなかった。ところが、中国人は14年に40万人、17年には50万人とハイペースで増加。19年には60万6889人になり、韓国・朝鮮人を抜きトップに立った。21年には68万518人で70万を超える勢い。人口70万といえば政令市の人口要件を上回る規模だ。

 永住が認められた永住者も全体で年間6〜4万人増の53万3472人に。ここでも中国人の伸びは目立っており、10年の3万1591人から、21年には15万6295人にまで急増した。

 こうした背景の大きな要因として、10年2月に永住者の認定要件が大幅に緩和されたことが挙げられる。

 それまで永住者となるには(1)素行が善良である(2)独立の生計を営むに足りる資産または技能を備えている(3)永住認定が日本国の利益になる−とする要件に加えて、おおむね20年の在日歴が必要だった。これを一気に10年に短縮したことを契機に永住者は増加の一途をたどり、10年間で5倍にまで膨れあがった。

 在日中国人の推移を見ると、21年で15万6295人にのぼる永住者に加え、日本人を配偶者に持つ中国人は5万6510人おり、永住者を配偶者などに持つ中国人も7087人。このほか、法務大臣が一定の在留期間を示して在留を認める「定住者」という在留資格もある。就労に制限がなく、永住者と変わらないメリットがある中国人「定住者」も3万3651人にのぼる。


生活保護の大量申請

 来日する中国人の場合、観光や出張といった短期滞在より就労や留学など一定の目的のもとに日本を訪れ、長期滞在する傾向が顕著だ。また、日本人や居住資格を持つ者だけでなく、家族を呼んで暮らす来日形態が目立つのも中国人に特徴的な傾向だ。

 これらを合計すると25万人を超える。法務省内で永住資格の認定に必要な在日歴のさらなる短縮が検討される中、いずれ永住者になると予想される永住“予備軍”が約10万人にのぼる点も中国人の急増ぶりを論じる際、見逃せない点だ。

 大阪市で6月、中国・福建省出身の残留日本人孤児姉妹の親族とされる中国人48人が生活保護を大量申請し、区役所幹部の指摘で表面化した。もともと法律では生活保護の支給対象は日本国民に限定。しかし、「永住」と「定住」の外国人に限っては予算措置で準用、生活保護の支給対象とする判断が続いてきた。

 入管難民法ではわが国への入国を認めるかどうかは「国、地方自治体に負担をかけない」ことが条件となっている。大阪市では入国後、わずか数日で生活保護が申請された点を重視。入管難民法に加え、原則として外国人を適用対象としていない生活保護法の趣旨に反するとして厚生労働省に見解を求めた結果、同省は「生活保護の受給を目的とした入国であることが明らかな場合や、そう見なさざるを得ない場合は、生活保護の受給対象から除外できる」と回答した。

48人の中にはすでに騒動後、申請を取り下げた中国人がいる一方、26人は生活保護が認められて支給を受けているが、8月以降は打ち切りの見通しだ。

 ただ、国会質疑では生活保護を受給している外国人は全国で5万1441人にのぼることが明らかになっており、大阪市で今回発覚した生活保護の大量申請は氷山の一角ともいわれる。

 中国人の急増と、外国人に無警戒なまま門戸開放を続ける入管当局の甘い姿勢は見逃せない。また、性善説に立って書類が調ってさえいれば、受給を認める“お役所仕事”の行政窓口も多く、外国人に“優しい社会”が外国人をさらに呼び込んでいる面は否めない。

 今回の大阪市のケースは本来、国民のために維持されているはずの「社会のセーフティーネット」が脅かされていることを裏付けており、外国人に対するわが国のあまりの無警戒ぶりに警鐘を鳴らしたともいえそうだ。(安藤慶太)


もともと日本人っていうのは、すごく外国の人に優しいという傾向があると思います
だから、入国しやすいんだろうなと

ただ、外国人っていうのは常に良い人ではないということを念頭に置いておかなければいけないと思うのです

特に特定アジア人である支那人朝鮮人は、外国人犯罪者数の多くを占めています。その中で気をつけなければならないのは、朝鮮人による婦女暴行はっきり言って強姦事件は多いようです。ただなぜか日本のメディアは通名報道を行うので朝鮮人による犯罪であるという事に気がつかせてもらえません。朝鮮人は日本人によって朝鮮名を奪われたと怒る割に、なぜか犯罪報道の時には日本名を名乗りたがりますので、ここは注意しなければならないでしょう

韓流とやらで朝鮮人は良い人だと勘違いさせられている女性は特に気をつけなければダメでしょうし、今までの日本の安全神話、女性が一人で夜町を歩いても安全である、というのは、この朝鮮人支那人によって覆されつつあることを受け入れなければダメでしょう。自らを守るためには不可欠な考えです

とある警察の人の話として、支那人朝鮮人がいなくなれば犯罪は半減するとまでとのことでした。そのくらいひどい、のになぜか朝鮮人支那人の受け入れを積極的に行おうとする現政権、そしてチバーバ法無大臣による入管の捜査能力を削るなど外国人の横暴を認める行動を認めてはならないと思いますね

また不法入国者を有罪とする最高裁判決を、その職権により覆すこと数度。こんな無茶をする政権、しかもチバーバは先日の参院選にて議員であることを否定されましたよ。にもかかわらず法無大臣の席に居座ってます
日本解体法案を押し通すためでしょう・・・

こんなバカなことがまかり通ってます

民主党と一部外国人によって日本がメチャクチャにされつつあります
早く止めないと、日本人の居場所が、日本という国から無くなってしまいます
あのルーピー鳩山が言ったとおり、日本が日本人のものでなくなってしまうのです
そんなことで良いのでしょうか?

外国人を節度を持って迎えることのどこが差別だというのか?
外国人と日本人を区別しなくては、日本という国を維持することは出来ません
それのどこに問題があるのか?
現政権の異常さを止めるために頑張りましょう!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

橋下 「生活保護法をいったん廃止しよう!!! 制度自体が破綻している、ゼロから見直しだ」
Excerpt: 1 :キジトラ(愛知県):2012/06/06(水) 10:43:21.99 ID:IH9JA9/J0● ?PLT(12101) ポイント特典橋下市長 「生活保護制度は破綻している」午前10時45分 ..
Weblog: 【豆β】ニュース速報
Tracked: 2012-06-06 18:01