2010年07月21日

その通りだと思いますね>社内で日本語

読売新聞:「社内で英語公用語「バカな話」ホンダ社長

>「日本国内(の業務)で全部、英語なんてバカな話はない」――。ホンダの伊東孝紳社長は20日の記者会見で、社内共通語を英語にする考えに否定的な考えを示した。


 国内企業では、インターネットサービス大手の楽天が先月、2012年中に社内で英語を公用語とする方針を打ち出した。

 ユニクロを展開するファーストリテイリングも、外国人社員を交えた会議や海外店への文書を原則、2012年3月から英語に統一する予定だ。

 自動車業界では、仏ルノーと資本・業務提携している日産自動車が役員会などで英語を使用し、書類の日英併記などを進めている。

 これに対して、98年から米国の研究所の副社長を務めるなど海外経験もある伊東社長は、「グローバル展開する中で、必要な時は英語を使うのは当然で、(日本語と)使い分ければいい」と述べた。


当然のことです
外国の方と話をする際は、英語を使うのは仕方がないにしても、日本人でありながら日本語を使うのを否定するかのような行為はおかしいなぁと思ってました。ですんでホンダにおいてはそういう考えがあることが報道されてなんかうれしいですね

学校教育においても早くから英語教育をすることが、さも当然であるかのように言われることがありますけど、やはり日本人ならば日本語で読み書き、思考することなどをきちんと学んでから外国語をやって欲しいなぁと思うわけです。日本語が基点にないままに外国語を学んでしまうのは、日本人としてのアイデンディティがおかしくなってしまうように思ってます

母国語を大事にしないで、国際化なんてあり得ないと思いますよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック