2010年07月16日

さて、どうしたものですかね?!>南鮮へ謝罪する必要は一切無いです

ライブドア:「日韓併合百年で「おわび」検討

>政府は16日、「日韓併合100年」を迎える8月に向け、韓国国民に過去の植民地支配へのおわびの意を示す方向で検討に入った。韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えだ。「首相談話」発表も視野に入れているが、日本国内には閣議決定が必要な首相談話をあらためて出すことへの根強い反発もあり、世論の動向を見極めながら慎重に判断していく。

何十年も前にケリがついた問題を、いつまで引きずるつもりなのかなぁ
これ以上、日本人自ら日本の子孫たちに迷惑をかけるのは止めにしましょうよ
ここでこれ以上謝罪する必要はない!と突っぱねるべきではないでしょうか?

にもかかわらず謝罪しようとするバカ政府!
多額の金をせびられるままに払い、
たくさんの資産を朝鮮半島へおいてきたり
衛生状態を良くしてやったり
言葉や文明を与えてやったのに
まだ謝罪が必要ってどういうこと?
そしてそれに応じる連中ってバカなの?
それを子々孫々までに伝える事って正常だと思うの?

いつまでもチンピラにたかられ続けるのは止めにしよう!


そして、これは絶対許されないことです
47news:「韓国市民団体が天皇謝罪訴訟検討 併合百年で

>韓国の市民団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」などは16日、ソウルで記者会見し、植民地時代に多くの朝鮮半島出身者が日本に強制動員され犠牲になったとして、天皇陛下の謝罪などを求める訴訟を起こすとの声明を発表した。

 今年8月で植民地支配が始まった日韓併合から100年となるのに合わせ、日本の弁護士の協力も得て訴訟準備を進めているという。

 声明によると、朝鮮王朝がかつて所蔵し、現在は日本の宮内庁に保管されている書物などの返還や、朝鮮王朝末期の1895年に王妃だった閔妃(死後に明成皇后と呼称)が暗殺された事件の真相究明を求める訴訟も計画している。

 一方で仙谷由人官房長官が7日の記者会見で、韓国との「戦後処理」問題に積極的に取り組む意向を示したことを高く評価。声明は、謝罪の特別談話発表や犠牲者の個人補償を行うための法的措置を求め、訴訟を起こす前に問題が「解決」されることへの期待も示した。


もしこれに日本政府が応じるのなら、ただじゃすまないと思うな、またそうでなければならない
自民党をはじめとして保守系議員は反対活動を始めるべきであるし、日本人であるのなら応じなければならないと思いますよ

日本は併合して、朝鮮を日本としたことはあるけど
日本が南鮮の属国扱いされるようなことはないと考えますね!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:南鮮 首相談話
posted by ! at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック