2010年06月30日

支那人の侵略がついに開始か?>生活保護問題

Yahoo:「中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人

>大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5〜6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5〜6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。


いかに残留孤児とは言え、その立場をこのような事に使うのは非常に腹立たしいことです
日本人が払った税金をこんな馬鹿げたことに使われたのではたまりません。孤児の方と言えども早急に支那へ送り返すべきではないでしょうか?

また、どの段階で変わったのか定かではありませんが、法無大臣が荒れな人ですから、ごく最近のことと判断しておくことにしておきますが、入国審査が甘くなってないですか?そしてそれに加えて明日から支那人への入国審査がさらに甘くなることになります

ただでさえ、支那人による犯罪が増えているというのに、こういう形で日本社会が荒らされるのは本当に困ります

支那人にしろ、朝鮮人にしろ早急に国外追放すべきではないかと思いますよ


また、当事者である平松市長のブログには、
緊急発信…中国からの大量生活保護申請に関して

という一文があります
詳細はリンク先をお読みいただくとして、
>しかし、単に中国が悪いとか、排他的な動きに繋がることのないよう、

と冷静なお言葉が出ているのですが、自分は承服いたしかねる、という立場です。どうしても支那人の身勝手さを受け入れることは出来ませんし、それは文化習慣等の違いから来るものもあるでしょうから、安易に受け入れることはかえって軋轢を増やすことになりましょう。適度な距離を保つように支那の人には来ていただかないようにすべきではないかと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000593-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック