2010年06月25日

菅直人が非世襲をアピールって(笑)

時事ドットコム:「「非世襲」強調、増税論議に挑む=菅直人首相(民主党代表)【党首奮戦記】

>「わたしのおやじは、ある会社に40年勤めたサラリーマン、技術屋だった」。24日、大阪、神戸両市内での街頭演説では、自らの生い立ちを振り返り、「世襲政治家」との違いを強調した。
 自民党の安倍晋三氏から民主党の鳩山由紀夫氏までここ4代の首相経験者は、いずれも祖父か父親が首相という名門育ち。「上から目線」「浮世離れした金銭感覚」が批判されたこともあり、「民主党には、お金はないが、日本を何とかしなきゃという高い志と行動力を持った人たちが集まっている」と胸を張る。
 政策面で力を入れるのが財政再建だ。財政破綻(はたん)の危機に直面したギリシャの例を持ち出し、「誰が一番被害を受けるか。ギリシャで最初にやられたのは、年金と給料のカットなんです」と、消費増税が避けて通れないことを訴える。
 内閣支持率は菅政権発足でV字回復し、参院選に勝利すれば政権基盤も安定する。「他の国では、最低4年、5年は歯を食いしばって政権を維持し、やらなければならないことを前進させている」と、長期政権への意欲をのぞかせた。(2010/06/25-05:24)


息子の菅源太郎君が落ちていて良かったですね
当選していたらなんの問題もなく世襲議員だったわけですからね!

詰まるところたまたま落選していたから非世襲だと言い張ることが出来る訳で、世襲を狙っていたことには代わりはなく、世襲議員の人たちにあれこれ言う資格は無いと思うんですよ?

聴衆が全てそういうことを知らないわけじゃないんで、あんまり堂々と嘘をつかない方が良いと思います


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック