2010年06月04日

さて、菅という人が総理になってしまったわけですが

というわけで、菅直人という人が民主党の新代表になったわけですが・・・これで

   日本 

      完
なんてことにならないようにしていかないといけませんね

何と言ってもゲバ棒を持っていた総理ということで、まともではありませんからね!いい加減大人になれよって感じですが


さて、多くの人が指摘されているでしょうし、自分も何度となく書き込んでいますが、民主党は自民党政権に対して総理の椅子のたらい回しは良くないとずっと指摘し続けてきました。きちんと国民の信を問えといっていたわけです

ところが今回鳩山氏から菅氏へたらい回しが行われているのです
しかし、民主党からもマスゴミからもおかしいという指摘はないのです
いったいどうしたことでしょう?

あれほど正義感あふれる態度(笑)で、自民党はおかしいと指摘してきたことと同じ事をしようとしているのにもかかわらず、ダメだと指摘する民主党員、正義感あふれるマスゴミ様がいらっしゃらないのです

変ですね、どうなっているんでしょうか?
常に口から出任せしかしない民主党、というのがよくわかりますね


で、この菅という男、早速やってくれました
産経新聞:「菅氏、G20欠席 国際舞台でさらに地盤沈下…

>鳩山由紀夫首相の突然の退陣表明が、日本の国際会議出席に影を落としている。民主党代表選に出る菅直人財務相は韓国・釜山で4〜5日に開かれる20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議の欠席を決めたためだ。5〜6日に札幌市で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易担当相会合も閣僚の日程が読めない。このままでは国際舞台での日本の存在感はさらに低下する。

 「副大臣や政務官は新内閣が発足した時点でその地位を失う」(峰崎直樹財務副大臣)。4日に新首相や新閣僚が決まれば、従来の財務相や副大臣がG20中に失職する“珍事”となる。このため財務省は事務方の玉木林太郎財務官の出席を軸に調整している。

 振り返ると、政権交代直前の昨年9月には与謝野馨財務相(当時)がロンドンG20を欠席。昨年11月のスコットランドG20も藤井裕久財務相(同)が国会対応のため欠席した。

 G20は国際社会で重要性を増す一方だが、今回はギリシャ危機に始まる欧州の信用不安問題が焦点で、世界経済にとって重要な局面だ。巨額の財政赤字を抱える日本は海外から財政健全化を求められており、「本来なら財務相、最低でも財務副大臣が行くべき」(財務省幹部)会合だ。

 一方、APEC札幌会合の調整も難航。共同議長を務める岡田外相と直嶋正行経済産業相の日程調整がつかず、閣僚の個別会談の日程が決まらない。経済連携協定の交渉が大詰めに入ったペルーのペレス通商観光相との会談も白紙で、各国閣僚との会談は「現地でバタバタの調整になる可能性が高い」(関係者)。

 組閣次第では“門外漢”の新閣僚が議長を引き継ぐ可能性もあり、11月の首脳会議(横浜市)に向け存在感を示そうとした意気込みは空回りしかねない。日本はここ3年、主要国首脳会議(サミット)に出席する首相が次々と入れ替わった“前科”もあり、国際会議軽視との批判を招く恐れもある。


民主党政権はとことん日本への信頼を失墜させることにしたようです
どうしようもありません
国益よりも党益を重視する屑集団


さて、この交代劇を苦々しく思っているのは、実は民主党サポーターといういわばある意味身内の方々のようですよ(笑)
アサヒ新聞:「サポーター抜き民主代表選に不満「派閥で決定、自民的」

>民主党代表選が4日、実施される。新しい首相を選ぶ選挙になるが、投票するのは党所属の国会議員だけで、党を支えてきたサポーターは投票できない。「市民の政治参加を進める」という呼びかけに賛同し、年会費も支払ってきたサポーターからは「支援する私たちの声を反映してほしかった」と不満があがる。

 「国会議員だけで首相を決めるのでは、派閥の力学で決めてきた自民党とどこが違うのか」。東京都葛飾区の無職、矢島国利さん(65)は不満を漏らす。

 5年前、同党の地方議員を支援しようとサポーターになった。与党になって初めての代表選。今回は新首相を選ぶことになる。「わずか2日間で選ぶと聞いてがっかりした。全国の党員・サポーターの声を聞く選挙を実施して、党勢回復の弾みにしてほしかった」と語る。

 民主党によると、党の規約では、党代表は国会議員や地方議員、党員、サポーターの選挙で行うと定めている。しかし、任期途中で代表が辞めた場合には、党所属の衆院議員と参院議員が出席する両院議員総会で選ぶこともできる。今回は国会開会中で、参院選も迫っていることから、国会議員だけの選挙となった。

 1998年の結党以来、12回行われた代表選で、党員やサポーターが投票できたのは02年9月の1回だけだ。昨年5月に鳩山由紀夫氏が選ばれた代表選は、小沢一郎氏が任期途中で辞任して行われたため、国会議員だけの投票だった。06年9月や04年8月の代表選は任期満了を受けた選挙だったが、候補者が1人だけで、サポーターらは投票する機会がなかった。

 「毎回、投票できないなんて、民主的じゃない」。知人に誘われて03年ごろにサポーターになった新潟県阿賀野市のIT関連会社員、宮沢謙一さん(54)は納得できない。党は混迷が続いており、代表選を国会議員だけに任せても民意を反映できるのか、とも思う。「確かに時間は無いかもしれない。でも、ネットで投票できるシステムなどを導入できないのか。一人一人の思いに耳を傾ける努力をして欲しい」

一方、三重県鈴鹿市の女性団体職員(48)のように、「政治的空白を作るべきじゃないので、投票できなくても構わない」と話すサポーターもいる。

 約10年前にサポーターになった東京都文京区の男性医師(72)も「参院選を控えて早急に新体制を整える必要がある」と理解を示したうえで、「首相が責任を取るような事態に陥らないよう、優秀な人材を選び、支える体制を国会議員全員で作ってほしい」と注文した。


金だけ取って投票させないんですから、詐欺行為として訴えられても良いかもしれませんね。しかしそれは民主党サポーターが決めることなので、どうでも良いことですが・・・。しかし民主党せこいですね、金取るだけとって投票させないというのもね

で、一般論として大問題なのは、民主党員もですが、サポーターも国籍の指定がないようです。自民党のように日本人に限るとしてない時点で売国的というしかないんですが・・・

与党が代表を決めるということは首相を決めることになるわけで、外国人がその選挙に関与できるということは非常に問題ありです

こんなところでは既に外国人参政権が認められてしまっている・・・ゆゆしき問題ですね。やはりこういう団体にはいつか破防法を適用すべきではないでしょうか?ふざけんなって思います


いくつか菅直人画像集を

さて、居眠り総理になっちゃうんかねぇw

菅直人はこれを自民党にどう言い訳するのだろう?
→拉致犯のシンガンスの釈放を求める署名

新型ブーメラン!!(・∀・)b 今なら大変お安くなっております。(拾った画像)

アンパンマン内閣

やっぱり小沢の操り人形?


組閣は、結局天皇陛下に無理強いをすることへの批判が多数いったからかなと思うのですが、週明けになるようです
その前に、前内閣の副総理として、責任を負うことも忘れないで欲しいなぁと思うところです。後始末をしないで総理になるというのは、いくら何でも酷いんじゃないでしょうか、ねってコトです


さて、菅直人氏の自爆集だそうです



    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村

菅 直人が釈放を要求した「工作員全リスト」(週刊文春)

間抜けは誰か――。安倍晋三官房副長官が言い放った「土井たか子氏と 菅直人氏は間抜け」発言が、みっともない展開を見せている。
 話の発端は89年。韓国の盧泰愚大統領へ、土井氏や菅氏ら133名の 国会議員が、『在日韓国人政治犯の釈放に関する要望』という署名を 提出したことに始まる。「政治犯」29名を列挙して無罪放免を訴えた ものだが、その中に原敕晁さん拉致事件の実行犯、北朝鮮工作員・辛光洙が 含まれていたのだ。

「菅事務所側は署名当時、辛光洙のことを知らなかったと言い、逆に安倍 事務所に電話でこう告げたそうです。『蓮池さんらが拉致された78年当時の 官房長官は、(安倍氏の父の)晋太郎さんですよね。誰が間抜けな官房長官 だったか、という議論になりかねませんよ』。脅しとも取れる言い方に、 安倍事務所側は唖然として返す言葉がなかったそうです」(自民党関係者)
 拉致被害者の家族がテレビで切々と真相究明を訴えているのに、何とも みっともない応酬である。菅氏は自身のホームページで謝罪したものの、 「事実関係を再調査中」と記している。
 しかし、安倍発言の13年前、すでに小誌は、土井氏ら署名議員の 間抜けぶりを指摘していた(89年9月28日号参照)。さらに今回、 菅氏に代わって「再調査」すると、辛光洙以外にも多くの工作員の存在が 新たに判明した。確かに間抜けではない。大間抜けだったのである。
 まず、警察関係者の証言。
「29名中、スパイ容疑で逮捕されたのは10名弱です。彼らは日本に 滞在中、北朝鮮からの工作船の接岸ポイントをつくったり、自衛隊や 米軍基地の情報収集を行なっていました」
 次に、元朝鮮総連幹部の張明秀氏が解説する。
「列挙された政治犯の多くは、有名な工作員グループに在籍していました。 ひとつは『烽火山グループ』。これは関東地域で秘密工作を行なっていた 朝鮮総連の非公然組織です。責任者は総連東京本部の金学根副委員長。 彼らは在日韓国人を”獲得”して、”教養”と称するスパイ教育を施す んです。北朝鮮に密航させて、”教養”を受けさせることもありました。 また、在日だけでなく、韓国に密航して”獲得”して来ることもあった。 スパイに仕立て上げられた若者たちは、対南工作要員として韓国に潜入 するのです」
 また、菅氏らが署名した釈放要請書には、辛光洙の共犯者・金吉旭の名前や、 75年に大阪で発覚した「学園浸透スパイ団事件」の中心人物・白玉光と 共謀者3名、「鬱陵島拠点スパイ団事件」なる韓国東海岸の鬱陵島を拠点に スパイ網を張っていた地下工作員グループのメンバーも名を連ねている。 彼らのほとんどが、日本から何度も北朝鮮に密航してはスパイ教育を 受けていた。
 張氏が続ける。
「名前があがっている徐勝は、72年11月に開かれた韓国での第2審で、 北朝鮮に2度渡って労働党員になったことや、長兄に誘われてスパイ団に 入ったことを認めているんです。この公判には、日本から大勢の救援団体が 押しかけましたが、徐勝の証言を聞いて運動は白け、鎮静化しました。 しかし80年2月、朝日新聞は徐勝の母親のインタビュー記事を、同情を 誘うような内容で紙面いっぱいに掲載。これで救援運動が再燃しました。 雑誌『世界』や和田春樹東大教授も追随して、その結果、徐勝以外の辛光洙ら すべての政治犯まで『釈放せよ』という運動に広がってしまったんです。 当時、土井たか子が国会の壇上で雑誌を振りかざし、この問題に言及していた 姿を今でも覚えています」
 こうした日本の政治家の自覚の甘さを、北朝鮮は常に利用してきた。 知らなかったでは到底済まされない

http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html
資料:辛光洙・シンガンス釈放嘆願署名

posted by ! at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック