2010年05月24日

辺野古へ移設ということなのに、現行案ではない、という不思議

読売新聞:「「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相

>鳩山首相は24日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先を米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺とする方針を正式表明したことについて、「辺野古ということだが、現行案ではない。住民の安全はもちろん、環境面には徹底的に配慮する新しい形を何としても作り上げる」と述べた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相が「最低でも県外」としてきた自らの主張を覆したことについては、「批判は甘んじて受ける。ただ、朝鮮半島、アジアの情勢を考えた時に日米関係をしっかりとした信頼関係の上に乗せることが何よりも大事だと判断した」と述べ、理解を求めた。さらに「丁寧に説明して、国民、特に沖縄の皆さんのご理解を得たい」と語った。


住民の皆さんの安全とか、環境面に配慮した上で自民党も決めたと思うんですよね
同じ場所なのに自分は変えたんだというのはわけわからない理屈ですよ・・・

やっぱり脳が逝かれているのかなぁ



最低でも県外と言っていた時点では国防ということをわかっていませんでした。国防について学んだら必要だとわかったので、県内移設にします。が責任とって辞めますと言えば少しは格好がつくんじゃないのかな?支持はしないけどさ

中国をはじめとする特定アジア(中国、南北朝鮮)が完全に民主主義国家となり、住民のモラルのレベルが日本人並みになったりしたり、反日政策を止めたり、するようなことになったら基地の縮小は考えられるかも知れません
が、国際社会は食うか食われるかの世界、少しでも油断するところを見せたら何をされるかわからない、そういうところだと思いますよ。だから日本という国において基地は絶対に必要。国防無しで国民の安全を図れるような社会は絶対に来ないと思います

中国や北朝鮮や南朝鮮は良い国だから国防を考えるなんておかしいという白日夢を見ているような話を公にするなんて恥ずかしいから止めて欲しいなと思います

安心安全に暮らせるのは、アメリカ軍がいるからだと思います。民主政権になってアメリカとの関係ががたついたらアジアでいろいろ問題が起きています。決して日米関係の問題が無関係とは思えません。早く日米関係を修復させないとアジア全体がおかしな事になってしまいます


沖縄の人には申し訳ないけど、基地は置いておいて欲しいと思います
それが日本全体の安心安全につながるからです。ただし米軍の起こした問題に対して日本が処断できるような形を整えるなど正すべきは正さないといけないだろうと思います

それをするのが政治家の役目のハズなんですよね。基地を無くしました。これで大丈夫なんて政治家のやることではなくて、無政府主義者とか日本という国についてまじめに取り組めない阿呆な人たちだと思います


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック