2010年05月19日

パンダは無駄でしょう

毎日新聞:「ジャイアントパンダ:東京・上野に来春にも 中国からつがい1組

>東京都は18日、中国から借り受けるジャイアントパンダについて、早ければ来年3月の春休みに上野動物園(台東区)での一般公開が可能になるとの見通しを明らかにした。来月上旬に中国側と協議を行い、今夏にも調印式を行う。近く動物園の飼育員らが、借り受けるつがいのパンダ1組を選定するため訪中する。パンダの借り受けは繁殖法などの共同研究を条件にした10年間の賃借契約で、保護協力資金として年95万ドル(約9200万円)を中国側に支払う。

 都は来年2月の「来日」を想定し、パンダ舎改修や空調機器整備費用を含め計約1億8500万円の補正予算案を6月定例議会に上程する。都建設局は「中国側と最終調整を進めている。春休みの公開を目指したい」としている。


年間1億近い金を払ってまで持ってこないとならないのかなぁ・・・

そもそもワシントン条約で取引が禁じられている生き物なのに、日本に持ってこようとすること。そして何よりも貸し出しという形で収入を得ようとする支那のやり口には腹が立ちますよ。そのお金でパンダを保護するというのもわからなくはないですが、そもそも中国での乱開発がパンダが絶滅の危機の原因である訳ですし・・・おかしいです


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック