2010年05月17日

麻生前首相の、とてつもない日本のエピソードを思い出した!

Yahoo:「インド地下鉄工事 ボスは日本人女性 「トンネル貫通の光…格別」

>日本の政府開発援助(ODA)の支援を受けて2006年に開通して以来、インドの首都ニューデリーで生活に欠かせない交通手段となっている地下鉄「デリー・メトロ」。現在も続くニューデリーと周辺地域をつなぐ延伸工事の現場には、唯一の日本人女性として工事現場を取り仕切ってきた土木技師、阿部玲子さん(46)の姿がある。約250人のインド人男性を配下に、メトロ完成に向けて奮戦中だ。(ニューデリー 田北真樹子)

 「セーフティー・ベルト!」

 ニューデリー市中心部に近い全インド医科大駅の地下構内。安全帯を着け忘れた作業員に、阿部さんの注意が飛ぶ。阿部さんは総合建設コンサルタント会社「オリエンタルコンサルタンツ」の次長。小柄だが存在感は抜群で、現場に現れると、座って談笑していた作業員が気まずそうに動き出す。

 「私が来ると、『マダムが来た』という合図に、ピーって笛が鳴るんですよ」と阿部さん。「私を怖がることで、安全意識が高まるのなら、喜んで鬼になります」と言い切る。阿部さんは、08年1月から今年1月まで、デリー・メトロのトンネル掘削工事を担当。いったん日本に帰国したが、2月から安全対策技術導入のため、再び戻ってきた。

 日本は地下鉄建設などに、1996年度からこれまで約3748億円を円借款として供与している。地下鉄の利用者数は平日で105万人。第2フェーズ工事(約83キロ)が完成し、全6線が開通すれば、デリー・メトロは総延長約143キロとなり、大阪市営地下鉄を抜き、東京メトロ8路線(183・2キロ)に迫る。

 阿部さんは山口県下松市出身で、関門海峡を見ながら育った。「いつかトンネルの掘削をやってみたい」という思いを抱き、山口大工学部に入学した。学部初、唯一の女性だった。しかし、「女性だから」という理由で、卒業時に就職口はなく、神戸大大学院を修了しても、就職試験さえ受けられなかった。周囲の支援もあり、中堅ゼネコンに入社したが、トンネル工事には携われず、現場に出ていく同期の男性を横目に落ち込んだ。

 「これでは行き詰まってしまう」と思い、英語を猛勉強し社内留学でノルウェーへ。だが、ノイローゼ状態になり、財布とパスポートだけを手に成田行きの飛行機に飛び乗った。成田空港に着いた途端、われに返り、そのままノルウェーにとんぼ返りしたことも。その後、台湾や中国、カタール、インドと、常に海外の現場で活動してきた。同僚のインド人男性は「仕事への集中力がすごく、尊敬する」と評価する。

 阿部さんは「トンネルが貫通して、向こうに光が見えたときのうれしさは格別」という。就職難で悩む女子学生に「あきらめるな」とエールを送る。阿部さん自身、「プロジェクトのトップを張る人材になる」ことを目標に、日々、経験を積み重ねている。


こういう人たちがいることを日本人として、誇りに思います
こういう人達が今の日本を築き上げてきたんでしょう

しかし、このすごい日本をものすごい勢いでダメにしている人たちがいます・・・それを選んだのが日本人というのもすごくがっかりです




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100517-00000039-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:インド トンネル
posted by ! at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック