2010年05月14日

支持率も下がってきたし、そろそろあきらめて真の政権交代を成し遂げよう!

時事ドットコム:「内閣支持続落、19%=普天間で49%「首相退陣を」−時事世論調査

>時事通信社が7〜10日に実施した5月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比4.6ポイント減の19.1%となり、昨年9月の政権発足以来初めて2割を切った。不支持率は同7.6ポイント増の64.1%。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山由紀夫首相が掲げた「5月末決着」が事実上不可能な情勢となり、首相の資質や指導力不足を問う声が強まっていることなどが要因とみられる。
 支持率が1割台となったのは、麻生内閣退陣直前の昨年9月の調査以来。普天間問題が月内に決着しなかった場合の首相の進退については、「責任を取って辞任すべきだ」と答えた人が49.2%で、「辞任する必要はない」の42.0%を上回った。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は68.8%だった。 
 内閣不支持の理由(複数回答)は、「リーダーシップがない」が42.0%(同9.9ポイント増)に急増した。以下、「期待が持てない」38.3%(同3.3ポイント増)、「首相を信頼できない」28.7%(同7.8ポイント増)の順。支持する理由は「他に適当な人がいない」が7.9%で、「首相を信頼する」3.7%と「だれでも同じ」3.7%が続いた。
 資金管理団体の政治資金規正法違反事件を抱える小沢一郎民主党幹事長の進退については、「幹事長を辞めるべきだ」が46.9%(同0.7ポイント増)で、「幹事長だけでなく衆院議員も辞めるべきだ」34.6%(同4.9ポイント増)と合わせ、辞任を求める声が8割を超えた。


いよいよ、支持率の低下をマスゴミも隠しきれなくなってきたんでしょう
ついに、20%をきってしまいました。もちろんこんな数字で一喜一憂することには意味が無いことは承知しているつもりです、が、
それでも、ここまで下がったということは意味があると思いますんで・・・

これが出る前には、こんな画像
ご覧の有様だよ!!
って感じで(笑)、本当に酷い状態
あれだけ叩かれていじめ抜かれた麻生政権の支持率よりも低いようですよ・・・もう解散総選挙しかないじゃないですか!!


そして、基地の問題に関しては、
普天間基地移設問題(内容は随時更新です)

◇日替わり発言
きょうの首相
・ <普天間移設>「5月末決着」鳩山首相また強調 - 毎日新聞(5月14日)
きのうの首相
・ 普天間移設、首相「5月末決着」断念表明 - 読売新聞(5月14日)
おとといの首相
・ 移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」 - 読売新聞(5月12日)


こんな状態
どちらにしろ、ご本人が5月末には決着をつけるといったのですから、あの間抜けな温室効果ガス25%削減という国際公約同様に、アメリカへの約束でもある訳ですから、実現できなければ退陣は当たり前のことだと思います

叶わなかったら、さっさと内閣総辞職、解散総選挙を行うべきですね!!!
もう民主党は死に体です、何も実行できる力はないと考えます。売国能力だけは意気盛んなようですが、そんなもの国益にはつながりませんから、お断りです

素直に自民党政権でまとめられていた現行案にしておけば、こんなに荒れなくて済んだのにね、自民憎しだけで政治ごっこをするからこういう事になるんじゃないでしょうか?
哀れですことね!

日本が本当に壊れてしまう前に、解散へ追い込みましょう


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック