2010年04月23日

鳩山氏は辞める気は無いようですが

Yahoo:「鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年−偽装献金事件・東京地裁

>鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告(59)の判決が22日、東京地裁であり、平木正洋裁判長は「政治活動の公明に対する国民の信頼を著しく損ねた」として、禁固2年、執行猶予3年(求刑禁固2年)を言い渡した。
 判決後、勝場被告は「判決を厳粛に受け止め、改めて心からおわびする」とのコメントを発表。弁護人は控訴しない意向を示し、有罪判決が確定する見通し。
 平木裁判長は「長年、政治の世界に身を置きながら、収支報告書の重要性を考慮せず、犯行を繰り返したのは遺憾」と指摘。「鳩山氏に集金力がないと思われたくなかった」と供述した動機について、「被告のために有利な事情に当たらないことは明らか」とした。
 実態と懸け離れた報告書が公開されたことについて、「国民の信頼が損なわれ、政治への不信感が醸成されることも懸念される」と批判し、「刑事責任は軽視できない」と述べた。その上で、起訴内容を認め反省しており、公設秘書を解任されている点などを、執行猶予の理由として挙げた。
 勝場被告は3月29日の初公判で起訴内容を全面的に認め謝罪。弁護側は「原資は議員本人や母親の資金で、悪質ではない」として、執行猶予付き判決か罰金刑を求めていた。
 判決によると、勝場被告は2008年までの5年間に、実際には献金していない人の名前を寄付者欄に記載するなどして、同会と関連政治団体の政治資金収支報告書に総額約4億円の虚偽記載をした。 


さて、これで秘書の有罪が確定(控訴無し)になった訳ですが、一部熱狂的な民主信者によると事実上の無罪だと阿呆なことを言っておられるんですよね・・・バカですね(笑)

さておき、
いろんな方もお書きになっておられますけど、
鳩山氏は野党時代に、自民党の加藤氏に対して、秘書問題は議員の責任であると追及して加藤氏を辞めさせている訳です
立場が逆になったからと言って、以前の言葉が取り消される訳はないですよね?

ところが、
サンスポ:「首相「大変残念で責任感じる」元秘書の判決に

>鳩山由紀夫首相は22日、政治資金規正法違反の罪に問われた自身の元公設秘書に対する東京地裁での有罪判決について、この日配信の鳩山内閣メールマガジンで「大変残念なことで、責任を感じている」と陳謝した。

 同時に「身を粉にして国民のために働かせていただき、政権交代により、大きく政治を変えてほしいとの期待に応えることで責任を果たしていきたい」と表明した。

 ただ、野党側が要求している政治資金の使途公開に関しては、午後の衆院本会議で「どの部分を公開するか弁護士と相談するが、プライベートな部分は必ずしも公表する必要はない」として、全面公開を拒否する考えを重ねて強調。資金管理団体の収支報告書については「精査して、しかるべき時期に訂正する」と述べた。


議員を辞めないことを明言しちゃってます
こんな軽い言葉しか発せられないような人を選んでしまったことを、自民党へお灸を据えるためという理由で(それはそれで理解は出来るものの、悪いものとより悪いものを比較して、より悪いものを選んだ責任はあると思います)、投票した方々は投票の仕方を改めて欲しいと思います

自民党の石橋はこのように述べておられます
”石破茂(いしばしげる)ブログ”:「あまりにも酷すぎる

>こんな人が日本の総理なのか。
 出鱈目かつ無責任極まりない答弁にパチパチと拍手している民主党議員は一体どうなっているのか。
 有権者の多くに「Anyone but LDP(自民党以外なら誰でもいい)」という気分を与えてこんな政権の出現を招いてしまった我々の責任は、誠に重いどころか、敢えて言えば万死に値すると痛感したことでした

 「私は愚かな総理かもしれない」との言葉には、また謙虚を装うポーズが始まったのかと思いましたが、それを「愚直」という肯定的な言葉にすりかえて答弁を展開し始めたのを聞いて、なんという不誠実で狡猾な総理かと憤りに震えました。
 「昨年の12月に現行案(辺野古沿岸埋立て案)に決めておけばどんなに楽だったか。しかしそれで一時的に日米関係が良くなったように見えても、(結局それは完成せず)かえって日米の信頼を損なうことになる。」
 この答弁は一体何なのでしょう。
 よく考えもせず、経緯についてもほとんど理解しないままに、選挙の際「国外、最低でも県外」などと勝手に口走って沖縄県民の期待を自ら煽っておきながら、「どんなに楽だったか」などとどうして言えるのか。
 「公約違反!」と罵られるのがそんなに楽なことでしょうか。そして「現行案では結局完成しない」などと、何を根拠に言うのでしょうか。何故完成しないのかも全く説明しないまま、現行案を否定した自分を正当化するこの卑劣さは、断じて許しがたいものです。


トンデモナイ人を送り出してしまった責任は私たち国民にあります
次の選挙ではちゃんとした人を選びましょう

間違っても政治に期待しないから投票しないという態度は絶対に許されません
民主党には労働組合などの組織票を持ってます。投票率が下がれば組織票を持っている方が圧倒的に有利です。だから投票に行っても白票は意味がありません。悪党を喜ばせるだけです

よーく地元の立候補者を吟味し、反日的な考えを持っていないか否かで選んで欲しいです。もちろん選ぶのは日本のために働くという人です
外国人参政権、夫婦別姓など民主党・社民党の反日的な政策を否定する人を選びましょう
もし自民党の保守的な立候補者がいるなら、その人を選んで下さい

今は保守の力を結集すべき時だと思います
いろいろ思うところはありましょうが、最大野党は自民党です。そこへ力を集めなければ民主党の過半数を阻止できません

小さな政党が数多く出て、票が割れることが一番懸念されます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000103-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック