2010年04月08日

確かにバカな上司は困りますね>鳩山氏の訓辞

時事ドットコム:「「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相

>鳩山由紀夫首相は7日の国家公務員合同初任研修開講式で訓示し、入省したばかりの新人を鼓舞したが、その中で「政治家がばか者の集団では(国は)もたない」などと脱線気味に発言する場面があった。
 首相は弟である鳩山邦夫元総務相が政治家を志した際、大蔵事務次官を経て政界入りした父威一郎元外相が「政治家なんてものは物ごいをする情けないばか者だ」と反対した話を紹介。「父親は役人だったことに誇りを感じていた」と語る一方で、「トップの首相が大ばか者であれば、そんな国がもつわけがない」と繰り返した。
 首相としては、政治主導への決意を示しつつ鳩山内閣の優秀さを強調したかったようだが、指導力不足や自らの発言をめぐる迷走が指摘されているだけに、新人公務員も複雑な表情だった。(


訓辞として話す内容なんですかね?
ものすごく人として終わっているという感じを改めて持ちましたよ
こんな話をされて新人君たちも、面食らうしかなかったんじゃないでしょうか?
60を越えたおっさんが若手に話す内容ではないです、どう考えても・・・


その鳩山氏をはじめとして、有識とされる人たちがバカにしていた麻生前首相の同様の訓辞
>麻生太郎首相は8日午前、都内で開かれた国家公務員合同初任研修の開講式に出席し、新人官僚約700人を前に、
「私は公務員バッシングにくみしない。公務員は内閣の従業員だ。優秀さを疑ったことはない」と激励した。
その上で首相は「問題は公務員を使いこなせない政治家にある」と指摘した。そのうえで「国民に分かる言葉でしゃべること。
君たちのお客は国民だ。現場の意見を聞き、求められていることは何かをつかんでほしい」と強調した。


一部だけを見て判断するというのも、あまりよろしくはないものの
自分は麻生さんの言葉の方が良いと思いますよ

それから、
先日の防衛大の卒業式での鳩山氏の訓辞に関しての記事がありましたのでご紹介いたします
”かなろぐ”:「現場のやる気を削ぐ訓辞

ホントどうしようもない人ですよね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック