2010年04月05日

規則違反の暴走だったと聞きましたが>中国船グレートバリアリーフで座礁

Yahoo:「豪グレートバリアリーフ近くで重油流出、中国船の座礁で

>オーストラリアのクイーンズランド州沖合で3日、中国船籍の石炭運搬船が座礁して燃料の重油が流出。現場近くには世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフがあり、5日に入っても重油の拡散を食い止める作業が続けられている。
 同州政府によると、座礁したのは中国遠洋運輸集団(COSCO)のグループ会社が保有する船。全長230メートルで、約6万5000トンの石炭と燃料の重油975トンを積んで中国に向かっていた。
 座礁時には、通常の航路から大きく外れ、フルスピードで航行していたという。
 同州のブライ首相は豪ABCテレビに対し、同船が船舶の航行を定めた法律に違反する可能性があるとして、最高で100万豪ドル(約8700万円)の罰金を科す可能性があると語った。


中国船が、規則違反をして大きく航路を外れて暴走していたという話を聞きましたが、どうなんでしょう?
いずれにしろ貴重な自然が汚される恐れが非常に強いわけですが、オーストラリア政府は、今後どういう風に対処されるんでしょうか?
現オーストラリア首相は親中派の方と聞いてますが、自然を守るために毅然とした態度を取れるかどうか?興味あります。オーストラリアの貴重な観光資源でもあるわけですから、まともな対応を取るとは思いますけどね
しっかりと重油の除去費用も請求してみてほしいものです

まさか日本へ請求するなんてアクロバット思考をしないだろうとは思いますが、ね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック