2010年04月05日

おかしなおかしな子供手当

Yahoo:「両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右−厚労省

>6月に初支給される子ども手当の申請受け付けが、今月中旬から本格化する。厚生労働省が各自治体に通知した支給要件によると、基本的には日本国内に居住して子どもの監督・保護などをしていれば国籍を問わず支給対象となる。しかし、家庭環境によって支給の可否が分かれたり、支給手続きが通常と異なったりするケースも出てくる。
 子ども手当は、国内に住んでいる親または養育者に月額1万3000円支給される。例えば、両親が海外赴任中で子どもだけ国内に残る場合には、祖父母が子どもを養育していれば、祖父母に手当を支給。一方、子どもに祖父母がおらず全寮制の私立中学校などに通っていると、対象外だ。
 逆に子どもが1人で海外留学していても、親が国内にいれば支給が認められる。
 一方、子どもが児童養護施設や少年院に入所している場合はどうか。前者では、子ども手当は支給されないが、同額が別の基金から支給される。少年院だと不支給。こちらは親の監督・保護下にいないため、との解釈だ。
 夫によるドメスティック・バイオレンス(DV)で夫婦が別居している場合には、子どもと同居している妻に支給する。その場合は、婦人相談所が発行するDV被害証明書が必要になる。 


そもそも子供手当、という策自体が過ちだと考えているので、このような言及をすることがおかしいと言えばおかしいのですが、それでもいっちゃう

ここまで日本人を差別して貶める策を実行する民主政権を本当に支持しておいて良いのか?ということを、よーく考え直して欲しいです
子供が海外にいても(いることにして)日本にいる外国人親には払うのに、日本国籍を持ち日本に居住しているのに、親が海外にいるともらえないってどういうことさ?全然メチャクチャじゃないですか?日本にいながら日本人でいることがバカバカしくなるようなことをしている政権は本当に日本に必要なのでしょうか?

また、昨日のエントリで取り上げましたけど、自民党の丸川議員が取り上げていたのですが、こういう穴があることをわかっていながら成立させていたことを長妻氏は認めていたようですね。指摘されているとおり選挙目当ての策だった、ということです

しかも、この穴がエラい問題だということに気がついて増税を考えようとしたものの、選挙に悪影響を及ぼすということで慌てて引っ込めたりする、そんな政党が現与党です。本当に良いのでしょうか?
自民党に対して言っていたことと、全く間反対のことをしてますよ

景気を持ち直すために働いていた前政権とは比べものにならないくらい低レベルな政権です、はい


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック