2010年03月31日

最善の案が実行不可っていう意味がよくわからない

朝日新聞:「外相「辺野古への移転は実現困難」 米国務長官に伝達

>主要国(G8)外相会合のためカナダを訪れた岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、クリントン米国務長官とオタワ近郊で会談した。岡田氏は、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、前政権で日米合意した同県名護市辺野古沿岸に移す現行計画について「実現に移すことに様々な困難がある」と述べ、新たな移設先選びに協力を求めた。

 岡田氏は会談で、「米側の考え方はよくわかっている。日米合意案が最善ということは承知している」と指摘。それでも現行計画の実現は難しいとして、「我々が検討している考え方について検討してもらいたい」「より実現可能性のある案をきちんと議論すべきだ」と求めた。岡田氏はこれまで、現行計画も排除しない考えを示していた。

 岡田氏はまた、「5月末までに決着したいと鳩山由紀夫首相も決意している」と表明した。

 鳩山政権は、普天間飛行場の機能をキャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部、徳之島(鹿児島県)に暫定的に分散移設し、その後、勝連半島(沖縄県うるま市)沖合に移す案を検討している。米側は現行計画を「最善」としており、岡田氏は会談後、こうした米側の立場は「あまり(変わったとは)感じられない」と記者団に語った。

 このほか岡田、クリントン両氏は、軍事秘密の漏出防止のための「情報保全」について協議機関を新設することで合意。北朝鮮が無条件で6者協議に復帰するよう促していく考えでも一致した。

 イランの核問題については、クリントン氏が「最も優先順位の高い問題だ。イランが核保有の道をたどると世界に大きな不安定をもたらす」と表明。両氏は、ミャンマー(ビルマ)で年内に予定される総選挙に関連し、民主化が進んでいないことに懸念を示した。


現行案が最善って認めちゃってますよ?
どういうつもりなんでしょうか?

なぜ実行不可能なのか、説明できたんでしょうか?日本国民に対してもアメリカに対しても?

沖縄の県外、日本国外へっていうことはもう言い訳になりませんよね?
既に沖縄県内へとシフトしつつあるわけですから

陸上案もおかしいですよね。陸上では危険だから沿岸部へ移すということにしているのですから

別の沿岸部へ移すという案もおかしいですね。辺野古で埋め立てはダメだからという理由付けで却下しているわけですし・・・

こう言うのを見ていて、やっぱり自民党が決めたことを踏襲するのがイヤだから、とにかく現行案だけは認められないって駄々をこねているようにしか見えないですねぇ

阿呆な政権です事・・・


また、情報漏洩のこと
官邸へ朝鮮人を入れている時点で、意味ないんじゃないかなーと思ってます。こいつら本当にバカすぎますよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック