2010年03月15日

悩ましい

Yahoo:「東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対の記者会見

>子供の性行為を描く漫画など「2次元児童ポルノ」規制のため、東京都が今定例議会に提出した青少年健全育成条例の改正案で、改正案に反対する漫画家のちばてつやさんや里中満智子さんらが15日、都庁で記者会見を開いた。

 ちばさんらは都議会最大会派の民主党に意見書を提出。会見で、ちばさんは「文化や表現など新しいものが起きるときはいろんな種類の花が咲く。スミレやサクラなどかれんな花もあれば、ジャングルで形もにおいもすごいラフレシアのような花もあるが、根っこですべて繋がっている。『この花は汚い』と根を断つと、植物群全体が滅ぶ」と改正案を批判。また、漫画家の永井豪さんは「私は『ハレンチ学園』で世に出てきた。当時もたたかれたが、規制が始まるとこの作品も確実に出せない。くさい物にはふたをしろと規制するとかえってゆがんだ人間が増える」と述べた。このほか藤子不二雄Aさんやさいとう・たかをさん、萩尾望都さん、西岸良平さんら著名な漫画家らが反対者リストに名を連ねている。

 改正案は漫画やアニメ、ゲームなどに登場する18歳未満と推定されるキャラクターを「非実在青少年」と規定。こうしたキャラとの性行為を描写する2次元児童ポルノの販売について、業界に自主規制を求め、婦女暴行などのシーンがある「悪質商品」は「不健全図書」に指定、青少年への販売と閲覧と禁じる。改正案は19日の都議会総務委員会で採決される。


記事中に名前が挙がっているような漫画家さんの作品なら、特段問題があるとは思えないんで、良いんですけど
昨今増えているタダのエロ下品しかないような作品群は規制されてしかるべきではないかなと思ってます
とても正視できないようなものが多いですよ
いくら表現の自由が認められていようとも、公共の場に出して良いものかどうかという道徳観念で考えれば大いに問題ありというのが多すぎると感じてます

自制できる人ばかりなら法規制するまでもないですが、方で規制されていないからやっても良いという考え方をする人が増えている以上、こういう動きになってしまうのは自業自得ではないかとさえ思うところです

規制されるのがイヤなら、まず作家側がやって良いことやってはいけないことをのガイドラインを定めるとか、何らかの自主規制を行うべきではないでしょうか?それが出来ないのなら法規制やむ無しと思います

確かに法の内容はやり過ぎの感もあるんですけどね
でもそれ以上に酷い内容が多いのも確かだと感じてますよ
何でもかんでも自由という言葉では許されないと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000556-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック