2010年01月27日

地方であがる外国人参政権反対の声:それを無視する民主党

産経新聞:「外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」

>鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権をめぐる問題で、石原慎太郎東京都知事や上田清司埼玉県知事、松沢成文神奈川県知事、森田健作千葉県知事ら首都圏の知事が相次いで外国人参政権の付与に反対や疑義を表明している。全国都道府県議会議長会も反対の立場から特別決議を採択。閣内、党内がまとまらず、国家の主権・独立を脅かしかねない重大問題を十分な議論なしに進めようとする政権への異議申し立てが広がっている。(安藤慶太)

 石原知事は今月15日の記者会見で外国人参政権付与について「絶対反対。発想そのものがおかしい」と批判した。地方に限って参政権を認めるといっても、地方政治が国家の問題とつながっている案件はたくさんある。わが国と他国の間に軋轢(あつれき)が生じた場合、永住者を政治利用し、国民の意思決定が脅かされる恐れもあるだけに「危ない試み」と憂えている。

 千葉県の森田知事も14日の記者会見で「国籍を持って投票すべきだというのが私の考えだ」と述べた。

 民主党系の知事からも批判や注文が相次ぐ。神奈川県の松沢知事は「国民の主権をいじる問題で一方的に国会で決めていいのか」。埼玉県の上田知事も反対の立場を表明。「ナーバスな問題。国家の基本の話は1回の国会の多数決で片づける話ではない」とし、「基地問題など外交、安全にかかわる話が市長選のテーマになることもある。国の運命を左右する話には、日本国籍を持った人が投票すべきだ」と語った。


都道府県議会でも反対の動きは広がっている。全国都道府県議会議長会は21日、「民主主義の根幹にかかわる問題で、拙速に法案提出や審議されるべき案件ではない」とする特別決議を採択。ある議長は「党利党略のにおいがする」と話し、在日本大韓民国民団(民団)の選挙支援の見返りに、国の主権や独立を売り渡しかねない今の状況に警鐘を鳴らした。

 かつて都道府県議会では34、市町村では1200を超える議会が、参政権付与に賛成する立場から意見書や決議を採択したが、鳩山政権発足後、参政権付与が現実味を増すにつれて危機感が拡大。昨年10月に熊本県で反対決議が採択され、12月には茨城、香川、石川、島根、埼玉、大分、長崎、佐賀、秋田、新潟、富山、山形、千葉の14県議会で次々と採択された。

 これまで賛成していた茨城や千葉、石川、富山、島根、佐賀、長崎、大分の8県が昨年の政権発足後に反対決議に転じ、都道府県で賛否逆転の可能性も出ている。


このように各地で外国人参政権反対の声が大きくなっています
沖縄の民意の声を重視して基地の県内移転がダメなら、同様に外国人参政権はダメだという民意も無視はできないはずです



しかし、その辺八ツ場ダムや小沢ダムのように民主党の意志が重視されるところはきちんと無視をするんですよね

産経新聞:「「地方の意見は関係ない」 官房長官が外国人参政権問題で

>平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。

 民主党は昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。


といった具合です、都合の悪いことは聞こえなくなってしまうのが民主党の便利な耳です

しかし、住民の権利と仰るが、参政権は国民の権利であって国民≠住民であります。その辺をはき違えないでほしいものです

また、閣内では今のところ亀井氏が外国人参政権、夫婦別姓については反対を表明済みです。これについては国民新党を支持しますよ。応援メッセージを送りましょう

それから、まだ県議会等で反対の決議を出していないところでは、これから議会が開かれるところでは、ぜひ陳情請願書を出しましょう。採択される可能性が一歩近づきます。国民の意思を反映させるべきではないでしょうか?
各地の県議会等のサイトを見て、請願書等の書き方・出し方をチェックです。ただし請願書は議員の紹介が必要ですので、たいていは陳情になってしまうかもしれません

しかし、この際地元の保守系議員(民主党にはあまり居ないですよ)とお友達になるのも大事かもしれません。議員さんたちは国民の声を待っていてくれるはずです。ブログやツイッターをしている議員さんは声を聞いてくれる可能性が高いです。書き込めるものならどんどん書き込んでメッセージを送りましょう


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権とか不良外人問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック