2010年01月27日

あれだけ大口を叩いておいて、このざまです>管、回答に窮する

Yahoo:「「菅」財務相、「勘」違いで「官」頼り

>菅直人副総理・財務相が26日の参院予算委員会で答弁に詰まり、審議を中断して官僚の助言を仰ぐ場面があった。「脱官僚依存」の先頭に立つ菅氏だが、疎いとされる経済政策の難しさを痛感させられた格好だ。

 「官依存」は自民党の林芳正前経済財政担当相との質疑で起きた。菅氏は「1兆円の予算で1兆円の効果しかないやり方をやってきた」と述べ、自民党政権の投資は経済波及効果が低かったと批判した。

 すると林氏は「乗数効果のことを言っているのか」と反論。鳩山政権の目玉である子ども手当の乗数効果をただしたところ、菅氏は子ども手当の支給額のうち消費に回る割合を示す「消費性向」について「おおむね0・7程度と想定している」と答えてしまった。

 林氏は首をかしげながら「消費性向と乗数効果の違いを説明してほしい」と追及すると、菅氏はついに困窮、審議は計4回ストップした。集まった大串博史財務政務官や官僚の助言を受けて「乗数効果の詳細な計算はしていないが、子ども手当の効果はある」と強弁したが、林氏は「役所の人が紙を持ってきてあわてて答えることがないように」とあきれ顔だった。


もうどうしようもありませんね
まともに回答もできないようでは、財務相の資格なしですよ
鳩山氏に任命責任を問うべきでは?

しかし、選挙前から脱官僚と偉そうなことを言っておられたけど、結局官僚なしではどうにもならないではないですか?

組閣後ずっと官僚に頼りっぱなしの政権にしか見えませんよ
つまり改革できるだけの能力があるとは到底考えられません

というか、野党の席から野次るしか能がなかったわけです。それにすっかり騙された国民が投票してしまって、うっかり政権を盗ったまでは良かったものの、やっぱり何もできない。それが民主政権です

しかし、日本を解体することだけはやる気満々ですよね
本当に困った連中です


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック