2010年01月03日

そういうものなんですかね?名古屋住基ネット離脱

Yahoo:「住基ネット離脱、河村・名古屋市長が意向

>河村たかし名古屋市長が住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)から離脱する意向で、編成中の新年度予算案から接続費約1億3000万円の計上を見送るよう市幹部に求めていることが分かった。

 現在、住基ネットに接続していないのは、東京都国立市と福島県矢祭町だけで、人口225万人の名古屋市が離脱すれば、影響は全国に及ぶ可能性がある。

 河村市長は住基ネットの情報が第三者に漏れる可能性を問題視。読売新聞の取材に対し、「今後も情報が漏れないという保証はなく、国が国民に番号をつけて管理するのはおかしい」と述べた。


情報が漏れないようにすることは大事ですよ
だから、公務員に国籍条項は必要で、外国人特に朝鮮人中国人を公務員にすることは漏洩につながり非常に危険だと思います(話それましたね)

さて、漏れないことを前提にして、国民に番号をつけて管理するのは行政の作業を楽にすることができるという点だけでも十分メリットはあるかと思います

今問題になっている年金問題だってとうの昔に国民総背番号制にしておけば(当時の野党がさんざん反対してましたよね)、起きなかったはずです。番号で管理すれば、名前の読み間違いなどが発生せず確実に個人を追跡することができますから、年金のデータが消えるなどの間違いはかなり減っていたと考えられます。そういう話が今の与党からちらほら聞こえてきていたのは気のせいだったのかなぁ?

番号で管理するのは納得がいかないのはかってですが、そのために行政のミスが増えた場合はどのように責任をとるおつもりなのかなと思うわけです。感傷よりの実務的な問題でお考えになった方がよろしいのではないかなと思いますね!!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100101-00000308-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック