2009年12月14日

なぜ内閣の一員でもないのに強弁するのか?

北海道新聞:「小沢氏、宮内庁長官の辞任要求 「政治利用」に反論

>民主党の小沢一郎幹事長は14日夕、党本部で記者会見し、15日の天皇陛下と中国の習近平国家副主席の特例会見をめぐり、天皇の政治利用に当たるとの懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官に強く反論し、事実上の辞任要求をした。自身が会見実現を働き掛けた事実もないと否定した。これに対し羽毛田氏は「陛下の外国親善の在り方に対する懸念を言い続けるのが役目。辞めるつもりはない」と記者団に述べた。

 小沢氏は会見で「政府の一部局の一役人が内閣の方針にどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ」と指摘。「私がお会いさせるべきだとか、させるべきでないとか言った事実はない」と強調した。

 羽毛田氏の懸念表明に関しては「それでは内閣の助言と承認で行われる天皇の国事行為は全部、政治利用になってしまう」と述べ、政治利用ではないと主張。憲法3条は天皇の国事行為に関し「内閣の助言と承認を必要とし、内閣がその責任を負う」と規定している。

 特例会見設定までの経過をめぐっては「陛下のお体、体調がすぐれないなら、(副主席との会見より)優位性の低い行事はお休みになればいいことだ」とも指摘した。


何様のつもりなんでしょう?
内閣の一員でもないのにえらそーに何を言っているのかと

どう見ても小沢一郎の意志でごり押しをした会見
それを懸念するのはあたりまえですね

また、中国人と会うことよりも、ほかの行事の方が優先されるべきでしょ?急な割り込みの用事よりかは、従来より設定されていたご用の方が大事に決まってます!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ意見です。小沢は驕り高ぶって天皇陛下をあごで動かせると中国で行ってきたのでしょう・・小沢の言いなりになっては国が危ないですね。
Posted by 素心 at 2009年12月15日 18:31
コメントありがとうございます。
本当にその通りだと思います。
陛下にすら、従えとは何様のつもりかと思いました。
中国に何もかも売り渡すつもりなんでしょうね。早くこの政権を打ち倒したい、そう思います。
Posted by びっくり”!” at 2009年12月15日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック