2009年12月01日

金メダルを取ることが良いことじゃないのか

スポニチアネックス:「JOC仕分け人「五輪は参加することに意義」

>政府の行政刷新会議は25日の事業仕分けで、日本オリンピック委員会(JOC)、日本体育協会、日本武道館の3団体への計32億円の補助金削減を求めた。JOCが要求する約27億円の選手強化費など「スポーツ予算」については、サッカーくじの助成やスポーツ振興基金と重複する事業を一本化すべきという意見でまとまった。

 国主導のスポーツ強化体制確立を求めるJOCからは異論が続出し、反対声明を発表すべきだとの意見も出た。市原則之専務理事は「強化予算100億円を超える諸外国の流れに逆行している。これでは太刀打ちできない」と頭を抱えた。仕分け人からは「五輪は参加することに意義があるのではないか」「ボブスレーなどマイナーな冬季競技を支援する必要があるのか」などスポーツ行政への理解に欠ける質問も多く、同専務理事は「国費だけでは足りないからやりくりしてる現状が理解されていない。不勉強だし無責任だ」と批判。竹田恒和会長は「横並びでスポーツも聖域じゃないということか。声を大にして(必要性を)訴えたい」と話した。


ホント仕分け人というのは、日本をよくするために働いたのではなくて、国力をそぎ落とすことに専念していたのですね

これで日本が国際教祖力を落とさずに活躍できるようなら神業であると世界中から賞賛されることでしょう。さすがの日本人でも無理なことだとは思いますけどね。だって競争相手が外国ではなくて、国内しかも足を引っ張ることしか出来ないような連中ですよ。まさに後ろから打たれている状態。勝てるわけがありませんね

ま、今日教組などは教育の現場で一番になることをよしとしていませんからね。かけっこでも手をつなぐなどして一緒にゴールするらしいじゃないですか。これでは競争力がつくわけありませんし、闘争心も芽生えないかもしれません
骨抜きになったダメ人間ができあがるだけでしょう

日本全体がそうなる日も、民主政権である限り、そう遠くのことではないでしょう


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック