2009年11月18日

麻生政権下での功績を認めたわけですね

産経新聞:「エコポイントやエコカー補助の延長を検討 「即効性高い」と菅戦略相

>菅直人国家戦略担当相は17日、省エネ家電を購入すると商品券などと交換できる「エコポイント」制度や、環境対応車の購入補助制度について「(景気浮揚や環境対策として)即効性が高い」と述べ、来年3月末の期限の延長を検討する方針を明らかにした。

 月内にも策定する追加経済対策に盛り込む可能性がある。エコポイントなどの政策効果がなくなると、個人消費に悪影響が出るとの懸念が出ていた。

 省エネ住宅の普及を促す「住宅版エコポイント」制度の導入も検討。菅氏は「断熱性の高い窓ガラスや壁をつくることを法律で義務付ければ、新しい需要につながる」と制度改正による需要創出策にも言及した。


良いものを良いと認められるようになったことは喜ばしいこと。少しはほめてあげないといけませんね
麻生政権下においてはエコカー減税等を決める際にはあんなに意固地になって反対していたのに、結局は認めざるを得なくなったということは、それだけ麻生政権の経済対策が優れていたということです
さすがは麻生太郎といういうべきでございましょう

しかし、選挙後民主政権は何も経済対策をやっていないわけで、今のところは麻生効果が残っているので若干は良い面はあるものの、徐々に苦しくなってくることは間違いありません

政権交代は最大の景気退策というからには、また政権交代をしていただくのも良いのではないでしょうか?しかしその後再度はあり得ません。やはり政権は日本のことを一番考えてくれる人たちに担って欲しいですからね!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック