2009年11月16日

知らなかったでは済まない問題

読売新聞:「発表前にGDP伸び率漏らす、経産相が業界会合で

>直嶋経済産業相が、16日朝開かれた石油連盟との懇談会で、09年7〜9月期の国内総生産(GDP)伸び率を発表前に漏らしていたことが分かった。


 GDPは、重要な経済指標として株価や為替などに大きな影響を及ぼしかねないだけに、閣僚としての自覚のなさが問われそうだ。

 経産省によると、直嶋経産相は東京都内のホテルで午前8時から始まった懇談会の冒頭で、実質GDP伸び率を具体的に示したうえで、「表面的にはよく見えるが、昨年はリーマン・ショックの時期であり、完全に戻りきったものではない」などと述べたという。GDPの発表は内閣府が午前8時50分に行った。

 直嶋経産相は16日昼、記者団に対し「申し訳なかった。(発表が)8時50分ということを知らず、もう大丈夫だと思って話をした。すべて私のミスで、ご迷惑をおかけし、以降は注意させていただく」と釈明した。

 これに関連して、平野官房長官は16日の記者会見で「事実とすれば極めて遺憾だ。政権としての危機管理も問われる」と述べた。


知らなかったとかそういう問題ではないでしょ。立場上そういうルールを知っていてしかるべきなんですから、そんな子供みたいな言い訳で許されるわけではないと思いますね

記事中にもあるとおり、各界に影響を及ぼしかねない問題である以上辞任すべき軽率な発言であったと思います
マスコミの追求が甘いから、このままお仕舞いでしょうね
都合良くいろんな事件が起きていて、民主党の悪行はなかなか世間に知れ渡りません、うまくできていますよ、本当に


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■GDP発表前の情報漏洩、経産相に批判の声広がる―直嶋経済産業相は辞任すべき!!

こんにちは。直嶋経済産業相、GDP発表前の情報漏洩断じて許すことはできません。これほどの初歩的な事柄について、遵守できない人は、大臣として、いや、経済産業省にもふさわしくありません。即刻自ら辞任すべきでしょう。これに限らず、民主党の閣僚や議員、はるかに自分の「身の丈」を超えた責務をまっとうしなければならない人たちが大勢います。閣僚などとして必要な「身の丈」に届いていない人は、必死で努力すべきでしょう。どうしても、伸ばすことができない人は、自ら辞任すべきでしょう。現在の民主党、最も悪いパターンである、自分の「身の丈」を知らず思い上がっています。もっと、謙虚で真摯な姿勢で国政にあたっていただきたいものです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年11月17日 14:44
現閣僚って、こんなやつばっかりですよね。
基本的な法も、大事な害弧マナーを知らないような連中ばかり。

あれこれ言われたものの、きちんと仕事をこなしていた麻生政権が本当にすばらしいものだったことを再確認してます。
Posted by ”!”です at 2009年11月18日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック